不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 治療法
  3. 認知行動療法とは!?手順、効果、特徴について

認知行動療法とは!?手順、効果、特徴について

うつや不安障害を改善するための療法として、お薬あるいは心理療法が挙げられます。

その心理療法の代表的なものである認知行動療法は、その人自身の思考に働きかけることで、お薬を使うものとはまた違ったアプローチで治療を行うものとして知られています。

ただ認知行動療法は、「その言葉自体は知っているけれど実際にはどういうものなのかよく分からない」、「認知行動療法をしたいけど、どこで受けられるのか知らない」など、まだまだ認知行動療法をする側も受ける側も環境が整っていないというのが現状だと言えます。

ということで今回は、認知行動療法とは何か、そのメリットやデメリットについて述べていこうと思います。

認知行動療法とはどんな療法か

i75

認知行動療法とは、認知療法とそれに伴う行動療法から成り立っています。

まず認知行動療法そのものを説明する前に認知療法というものから説明します。

簡単に認知療法というのはどういうものかというと、その人が感じるモノの見方や捉え方、評価や思い込みといったいわゆる”認知”と呼ばれるものに焦点を当てて、病的な不安や恐怖というのはそういった認知というものが歪んでいることによるものであるとし、その歪みを修正していこうというのが認知療法というものです。

次に行動療法というのはどういうものかというと、実際に恐怖や不安を感じる場面に自分自身の身をさらして、それに対して段階的に慣れていくことで、不安に直面した時の対処であったり、コントロール法であったり、そういったものを身につけていくのが行動療法というものです。

そして、この心理的側面の認知療法と実用的側面の行動療法を掛け合わせたものが認知行動療法というものになります。今日では心理療法といえば認知行動療法を指し示すぐらいに主流になっていますね。

認知行動療法のポイントとしては、クライエント(患者)が抱える悩みや問題点を明確にするために、とりわけ自動思考と呼ばれる自動的に湧いてくる考え、そしてその癖に注目します。

特に、強い不安を感じられる場面や機会においてはクライエントの自動思考の偏りが見られるため、不安感が高まり、不安が不安を呼ぶという悪循環に陥りやすいです。

そのような不安に直面した時に、現実的で柔軟な捉え方を身につけることで、不安に対して自分自身をコントロールすることが治療の目的と言えます。

そのためにも段階的にですが、不安に直面して、自分のものの見方や捉え方を整えていくという行動が治療の一環として伴ってきます。

このように敢えて不安に直面し、その時の自動思考の偏りについて、医師や臨床心理士が患者と一緒になって検証し、実践していくというのが認知行動療法の大まかな流れとなります。

認知行動療法のメリット

i60

認知行動療法というのは、先ほども述べましたが、その人が感じる、ものごとに対する見方や捉え方を変えることになるので、上手く機能すれば不安障害の根本を改善することができるということになります。

例えば、今まで外食ができない理由の背景に、”食べ物を残してはいけない”という思考があるのなら、仮に自分の中で”残してもいいんだ”という思考に変わることができれば、食事を残すことで生まれる、「他人から変に思われるのではないか」という恐怖的な思考から解放されます。

そして不安に直面しても、どう捉えればいいのか分かることで症状が良くなり日常生活で支障をきたさないレベルに持ってくることが可能になってくるのです。

さらには根本から治療するということで、治療終了後の不安障害の再発率が低くなるということも報告されています。不安障害の治療として用いられる薬物療法では、薬の力を取り入れることで一時的に症状を良くすることはできますが、自ら薬の服用をやめてしまうことで再び症状が表れてしまいます。

再発率という視点でも認知行動療法の優れている点と言えると思います。

認知行動療法のデメリット

i72

物事には長所と短所がありますが、認知行動療法のデメリットとしては即効性に欠けるという点があります。

薬物療法と比べると、認知行動療法は応急処置的な治療法というわけではないので、認知の歪みを変えていくのに長い年月をかけていく必要があります。

ごく当たり前の話ですが、私たちが持つ、ものの見方や捉え方というのは昨日今日で身についたものではなく、長い年月をかけて徐々に身についたものです。そのような思考に注目して治療を行うのが認知行動療法ですので、思考を変えるというのはそれ相応の時間を要するのです。

また認知行動療法というのは、手軽に受けられる治療法というとそうではなく、まだまだ治療が受けられる機関というのが限られているというのが現状だと言えます。

特に地方ほど医師不足や臨床心理士の活躍の場が限定されているので、地方に住んでいる方は治療のための移動時間だったり、認知行動療法の治療も1回につき約1時間ほどかかるため、それにかかる時間だったり、さらには保険が適応されず治療が自費となるところもまだ多いため、時間とお金という面で手間がかかるという難点があります。

不安障害の症状は人によって様々です。そのため、もし今現在、症状がとても重たい場合であれば即効性に欠ける認知行動療法というより薬物療法に頼るべきだと思います。

そして治療の過程で段々と気分的に落ち着き、また症状も比較的軽くなってきているのならば、その機会を見計らって認知行動療法を試してみるのも悪くはないでしょう。

認知行動療法で有名なDavid Clark氏は、不安障害、特に社交不安障害で苦しむ人というのは自分自身のことを一番否定しているため、自分の頭の中こそ最も危険なところであることを認識しないといけないということを指摘しています。

つまりは、もとをただせば自分の認知が自分を苦しめているということになるので、それを変えるためには認知行動療法を治療の一環として取り入れることが求められるのです。

認知行動療法のデメリットとして挙げた時間やお金がかかる手間がありましたが、最近では自分で実践する人のために認知行動療法に関する書籍がたくさん出版されております。そういったものを参考にしたり、もし身近に認知行動療法を実践している人がいれば、その人からアドバイスをもらうのもいいと思います。

不安障害というのは治療から遠ざかれば遠ざかるほど、治りにくい厄介な精神疾患なので、この機会に認知行動療法という治療法もあることを知ってほしいと思います。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP