不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 人の特性
  3. HSPって何ですか!?敏感で繊細、高い感受性を持つ人たちについて

HSPって何ですか!?敏感で繊細、高い感受性を持つ人たちについて

世の中には自分の身の回りの雰囲気や空気感、そして光や音などの刺激に対して敏感に反応する人がいます。

物事に対して敏感に反応を示すため、感受性が強いと捉えることができますが、それが過剰に働いてしまうのであれば、それはもしかしたらHighly Sensitive Personと呼ばれる特性を持っているかもしれません。

Highly Sensitive Person(略してHSP)という言葉は、アメリカの心理学者Elaine N. Aron氏が生みだした言葉で、日本語に訳せば「とても敏感な人」というふうになるでしょう。

HSPの特性をどのくらいの人が持っているかというと、日本ではだいたい5人に1人が持っていると言われています。30人学級ならクラスの6人前後はこのHSPを持っている計算になります。

しかし逆を言えば、残りの5人に4人は非HSPなので、HSPの人が非HSPの人に対して説明するのは難しいことなのかもしれないと感じています。

また同様に、自分自身がHSPなのにHSPという言葉自体を知らない人もいるので、まだまだHSPのことについて知られていないのが現状だと思います。

HSPとは一体何か、どういう要素を持っているのか、そしてHSPを持つ人が抱えるメリットとデメリットなどについて述べていこうと思います。

HSPとは何か

HSPを判断するための自己テスト

HSPという言葉を作ったElaine N. Aron氏によると以下の項目に当てはまるほどHSPの可能性が高いと言われています。

  1. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  2. 他人の気分に左右される
  3. 痛みにとても敏感である
  4. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  5. カフェインに敏感に反応する
  6. 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
  7. 豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
  8. 雑音に悩まされやすい
  9. 美術や音楽に深く心動かされる
  10. とても良心的である
  11. すぐにびっくりする(仰天する)
  12. 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
  13. 人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調整したり、席を替えるなど)
  14. 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  15. ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
  16. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  17. あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
  18. 空腹になると、集中できないと気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  19. 生活に変化があると混乱する
  20. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  21. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  22. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  23. 子どものころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

-Elaine N. Aron著 冨田香里訳『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』より引用-

皆さんはいくつ当てはまりましたか。

もちろん当てはまるものが多くあればHSPの特性を持っていることになりますが、仮に当てはまるものが少なくても、その度合いが過剰なまでに強いということであればHSPの特性があるとElaine N. Aron氏は仰っています。

ただ先に申し上げておきますが、HSPは病気ではなく人の特性であり個性のひとつです。

HSPを上手に活用して活躍している人もいれば、それに苦しんで生きづらさを感じている人もいます。

私自身、HSP気質を持っていますが、私の経験から見てもHSPは周りから理解されてないことのほうが多く、「臆病な人」、「ノミの心臓」、「ガラスのハート」、「打たれ弱い」といったネガティブな言葉で片付けられてしまい、HSPの良い面に気付かず自己肯定感や自己評価が低いまま育ってしまう場合が多く見受けられます。

その敏感さや繊細さが高じて、社交不安障害や強迫性障害などの不安障害に発展する可能性が十分にあると言えるでしょう。ただしHSPだからといって不安障害になるわけではないので、あくまでの発症因子のひとつとして捉えると混同せずに理解しやすいと思います。

HSPのメリットとデメリット

HSPというのは自分の外の世界に対して注意深くなる特性があることから、人間が生物として生き残るために身につけたものであることがわかります。ただ、その能力が今の世の中に適しているかというとそうではないでしょう。むしろ感受性が強すぎるゆえに急速に変化する現代社会に適応できなくなっているように思います。

特に現代社会では何かとコミュニケーション能力が問われます。しかし感受性が強すぎることで、相手の何気ない一言でも傷ついてしまい他者とのやり取りが上手くできない場合もあることでしょう。

私の場合では、自分の周りで大声で怒鳴っている人がいるとそれに身体が強く反応してしまいます。もちろんその怒りの対象が自分自身ならなおのことですが、怒られている対象が自分ではない場合も頭ではその対象が自分ではないと理解しつつも、心臓の鼓動が尋常じゃないくらい速くなり、急な息苦しさを感じてしまいます。

このように感じ始めたのは小学生の頃でした。クラス担任がとある生徒の悪態を叱っていて、他の生徒は知らん顔しているのに、自分はその悪態を働いた生徒の分身の様に自分自身も叱られている感覚に陥ってしまい、涙を流していたことがありました。また同時に心臓の鼓動がどんどん速くなって、パニックになっているのを感じました。

それ以来です。怒鳴り声や罵声、かなりの大声に対しても敏感になってしまい、それが自分の事ではないのにもかかわらず自分にも影響してしまい、日々の生活で色々と支障をきたしていることがあります。

だから私自身、暴力シーンが出てきそうな番組や映画は自分から観ようとすることは少ないです。それがもちろん演技だと知っていても画面を通じて感じてしまうからです。

またHSPを持つ人は、相手が気にしていることにすぐに気づく観察力を持っていたりします。そのため、こう言ったら相手は傷つくとわかっているので、言いたいけど言えずに我慢を強いられることがあります。

その他にも、こちらが意図したことと違って相手に伝わってしまった場合、感受性が強いと自分に非があると思い込んでしまい、また変に弁明しようとすると相手を逆なでしてしまう恐れがあることを知っているので、結果的に自分が悪者であればいいと思ってしまいがちになります。

そして、いつもいつも自分が悪者であればいいという思考に囚われてしまうと、常に自分さえ傷つけば問題は片付くという間違った方向に進んでしまうことになりかねません。このようでは「自分は価値の無い人間だ」、「役に立たない人間だ」と自己否定になってしまい、主体性のない人生を送ってしまうでしょう。

しかしHSPは悪い面ばかりではなく良い面もあります。

それは感受性が高い故に、他人が気づかないことにいち早く気づく能力があります。そして共感力もあるので、相手がどのようなことを望んでいるのかを読み取ることに長けています。

また感受性が強ければ強いほど他人がうまく表現できない描写や音色などを上手に表現できますし、目の付けどころが違うので独創性を発揮しやすいでしょう。

さらに感受性の強さが上手に働けば物事を五感と関連付けて覚えられるために、記憶力の良さというものも良い点と言えるでしょう。

HSPを持つ人が生きやすくするためには

HSPはどうしても外部の色々な刺激に対して敏感に感じてしまう分、他人よりもストレスを抱えやすく疲れやすいのも事実です。

そういった中、自分が一体に何に対して敏感に反応するのか、感受性が強まるものに対して自分なりの対処法があれば日常生活において支障をきたさない程度までもっていけるのではないかと思います。

また敏感に反応したとしても、その後の自分を回復させるものを知っていれば疲れを引きずらずに済むでしょう。例えば、明るい光、強い臭い、大きな音に敏感に反応してしまうのであれば、自然が多く静かな環境に身を置くというのも一つの方法です。

HSPの人の生き方を見ていると私自身も含め、周りから繊細な人、神経質な人という見方をされてきたと思います。そしてそのことがきっかけで、自分に自信が持てなかったということもあるでしょう。

しかしHSPはひとつの個性であり、上手に活用できれば唯一無二の武器にもなります。そういったことを保有者自身が自覚して、その特性を十分に発揮できる機会や場所は何かを考えていくことが求められるのではないかと思います。

今回、HSPという言葉を初めて聞いた人向けにHSPについて色々と述べてきました。

心理学者のカール・ユングは、内向的な人たちが自らの価値を過小評価し、また彼らの生き方について当時の西洋社会では偏見の目で見られていることを指摘していました。

現代社会においてもコミュニケーション能力が問われる今、HSPという特性は正直なところ生きづらさを生んでいる要因のひとつになっていると思います。そして時として他者との関わりを断ってしまい、ひきこもりになっているケースも少なくはありません。

HSPは無意識のうちに外部からの刺激を過剰に自分の中に取り入れてしまい、そのことがマイナスの方に働いてしまうことで、「臆病な人」、「ノミの心臓」、「ガラスのハート」、「打たれ弱い」といった形で周りから見られてしまいます。

しかしながらHSPといっても何に対して敏感に反応しどういった状態になってしまうのかは人それぞれです。

だからこそ周りにいる人はHSPを理解できない部分もあるのかもしれませんが、HSPが活かせる場所に身を置くことで誰かの役に立てることもあるのですから、この機会にHSPの人が世の中にはいることを知ってもらえたら嬉しいと感じます。

参考文献

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP