不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 治療法
  3. 会食恐怖を改善するための5つの具体的な手順について

会食恐怖を改善するための5つの具体的な手順について

会食恐怖というのは、レストランやカフェなどの外食先において食事姿を誰かに見られることが苦痛であったり、出された料理を残してはいけないという考えから過剰な緊張に陥って料理が食べられなくなったりする精神的な病気です。

会食恐怖を自覚している人の多くが外食先での急な吐き気や下腹部の圧迫感、異常な発汗や過呼吸などの症状に襲われ、それゆえ会食する機会を自ら避けてしまい、社会的な生活を送るうえで人知れず葛藤や苦悩にさいなまれています。

人は不安や恐怖に直面した時、その不安や恐怖に対して逃げるか闘うかの選択をします。そのため不安や恐怖に対して逃げるという選択肢を取っても人間の本能的には当たり前の行動なので、それ自体に問題があるわけではありません。

しかし会食恐怖は社交不安障害の一つでもあり、社交不安障害というのは何もせず自然に改善していくことは稀です。そのため、お薬を飲んだり、心理療法に取り組んだり、何かしらの処方をしていかなければいけません。

そしてお薬を飲むにしても心理療法をするにしても、その過程において実際に行動して不安や恐怖に対する許容を広げていかなければいけません。

そこで今回は会食恐怖を改善するための具体的な方法について、また小さな不安や恐怖から徐々に大きな不安や恐怖へと段階的に不安や恐怖を感じる状況を作り上げて免疫力、許容力をつけていく曝露療法に則って、その手順をご紹介していきます。

私自身も会食恐怖を抱えている当事者であり、実際にここに書いてある手順通りに進めています。もちろん改善状況には個人差があると思いますが、少なからず以前の時よりは改善している実感はあるので、取り組んでみる価値はあると思います。

5つの具体的な手順について

i110

会食恐怖を理解してくれる人を見つける

まずはじめに、会食恐怖を自覚している人間がいきなり会食の場に自分の身を置いてしまうと、身体的症状が悪化する可能性があるので、必ず準備が必要になります。

その準備というのは何でしょう。それは会食恐怖を理解してくれる理解者を持つことです。理解者を持つことによって、その理解者が当事者にとって安心基地的な存在になります。

理解者になりやすい人は家族、友人、恋人などいますが、万が一、理解者が今現在いない、なりうる可能性の人がいないということであれば、SNSを通じて呼び掛けるというもの手です。

SNSの世界と言うのは、自分自身が思っている以上に広い世界です。だからこそ理解を示し協力してくれる人が表れますし、そういう方を集って一緒に改善していくという試みはありだと思います。

場の雰囲気を感じる

理解者を得たのなら、次に行うこと、それは外食先の場の雰囲気を感じることです。この時点ではまだ食事をする必要はありません。

会食恐怖を抱える人というのは外で食事をすることに不安や恐怖を感じすぎていて周りの様子が見えていないことが多いです。

実際に食事姿を見られるのが苦痛と感じているのも、自分がそう感じてしまっているだけであって、もしかすると周りの人は自分のことをそこまで見ていない可能性が高いです。いわゆる認知の歪みというものですが、正しく物事を見るためにも、周りの様子をよくみるということが求められます。

そこで理解者と一緒に外食先に行ってみて、実際にその場の雰囲気や様子を感じ取ってください。テイクアウトというやり方もあるので、その場で食事を取らなくてもいいのです。

もし店内に入ろうとして何かしらの身体症状が出ても理解者がいることによって最悪の事態は免れますし、恐怖に挑戦していることを理解者は知っていますので、安心して臨んでみましょう。

人が少ない時間帯を利用して注文してみる

いきなり人が多い時間帯を利用すると、店内に入った時に不安や恐怖を感じやすくなってしまいます。そのため、もし何か注文する予定でお店に入るのであれば、限りなく人が少ない時間帯を選びましょう。

人が少ない時間帯であれば人から見られている感覚も最低限抑えられますし、慌ただしさも感じにくいと思いますので自分のペースで出来ると思います。

そして注文もしっかりとした食事よりも飲み物を選んで、理解者と一緒に話などを楽しむことで、外で食事をすることに対してポジティブなイメージを持てるように意識づけていきましょう。

食事をする場所は個室もしくはトイレから近い席を確保する

会食恐怖の背景には、他人からどのように見られているかという思考が強すぎることがあります。そのため、そういう考えに陥らないためにもカウンターやオープンスタイルの場所よりも、仕切りがしっかりされてある個室で食事を取るようにした方がいいのです。

だからもし食事をするのであればそのような場所を確保し、また急な吐き気や下腹部の不快感に対応できるようにトイレから近い場所を選択したほうがいいと言えます。

私の経験上、個室やトイレから近い席を選ぶことで心に少し余裕が生まれ、また安心感も得られることが多く、その後の食事の時も吐き気に襲われることなく料理を食することができました。

食事はなるべくシェアできる物を選ぶ

会食恐怖を改善するためには実際に外食先で食事をしなければいけません。また外での食事に対して恐怖を感じてしまっている以上、その恐怖の壁を乗り越えなければ改善の兆しはありません。そのことは当事者も自覚していることでしょう。

しかしながら実際に恐怖を前にして行動に移すというのはものすごく勇気がいることで、また一筋縄ではいかないことが多いかもしれません。

そこで少しでも恐怖が軽減できるようにすればハードルが低くなり乗り越えやすくなるかもしれません。

会食恐怖を抱える人が考える思考、その代表的なものに、出された料理を残してはいけないというものがあります。そしてこの思考が会食恐怖における回避行動を強くしています。いわば高いハードルになっているということです。

しかし今までの思考をすぐに変えることは容易なことではありません。そういった部分を持ちながらも会食恐怖を改善していくための行動を取る必要が出てきます。

その行動として、食事をなるべくシェアできる物にするということが挙げられます。そうすることで仮に自分が最後まで食べることができなくても理解者が食べてくれることで残さずに済みますし、また当事者が選んだものを当事者自身が食べきれなくて理解者に食べてもらうことで起こりうる申し訳ないという気持ちも、食事をシェアできるものにすることで、その申し訳なさも少なくなります。

5つの手順としては、会食恐怖を理解してくれる人を見つける、場の雰囲気を感じる、人が少ない時間帯を利用して注文してみる、食事をする場所は個室もしくはトイレから近い席を確保する、食事はなるべくシェアできる物を選ぶ、という流れになります。

結果的に食事の場につくこと、そして実際に食事をするまでになることで、外で食事をすることに抵抗がないまでの心理的状態になれば以前の様子とは見違えるようなものになっていくと思います。

またさらに「出来た」という成功体験は、それこそ大きな自信となり自分から意欲的に行動していこうと思えるようになっていきます。

会食恐怖は社交不安障害の一つでもあるために、人に対する過度な恐怖心が邪魔をして、会食恐怖を改善するためのファーストステップである理解者を得ることに最も苦労するかもしれません。

さらに残念ながら会食恐怖に対する一般的な見方も、高所恐怖症や虫恐怖症などのよく知られている恐怖と比べて、まだまだ認知度が低く理解しがたい恐怖でもあります。

しかし自分から自己開示していくことによって理解を示し協力してくれる人は必ず存在します。そのことは心に留めておいてほしいと思います。

そして会食恐怖を改善し克服して、心から食事を楽しめる人が増えることを切に願います。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP