不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 社交不安障害
  3. 社交不安障害とはどんな病気!?症状、原因、治療法について

社交不安障害とはどんな病気!?症状、原因、治療法について

人前で注目を浴びてしまうこと、人と交流することに対して著しい恐怖や不安を感じ、その恐怖や不安がもとで人前に出ることを避け、そして自分にとって不都合になることを自覚しながらもそのような行動をしてしまう場合、社交不安障害という心の病の可能性が考えられます。

社交不安障害というのは正式な診断名であるにも関わらず、社交不安障害が誰もが感じる恐怖や不安の延長線上にあることから、単なる「あがり症」や「人見知り」と軽く考えられてしまい、当事者は辛い身体症状と周囲の理解が得られないことによる二重の苦しみを感じていることが多いです。

そして症状が深刻化していけば、社交不安障害からうつへと発展し、自分は価値の無い人間とみなして自殺してしてしまうケースすらあります。

これは社交不安障害だけの話ではなく心の病に共通して言えることですが、その辛さはなった当事者しか分からない部分もあると思います。

ということで、できるだけ多くの人に理解してもらいたいという願いを込めて、社交不安障害の原因、症状、治療法などについて分かりやすく述べていこうと思います。

社交不安障害とはどんな病気か

社交不安障害は誰しもが感じる恐怖や不安の延長線上にあることから、病気の境い目が不明瞭で、社交不安障害の存在を知らない人にしてみれば、単なる性格のひとつとして誤ってみなされてしまいます。

『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』によれば、社交不安障害の診断基準として次のように定義されています。

  1. 他者の注視を浴びる可能性のある1つ以上の社交場面に対する,著しい恐怖または不安。例として社交的なやりとり(例:雑談すること,よく知らない人に会うこと),見られること(例:食べたり飲んだりすること),他者の前でなんらかの動作をすること(例:談話すること)が含まれる
  2. その人は,ある振る舞いをするか,または不安症状を見せることが,否定的な評価を受けることになると恐れている(すなわち,恥をかいたり恥ずかしい思いをするだろう,拒絶されたり,他者の迷惑になるだろう)
  3. その社交的状況はほとんど常に恐怖または不安を誘発する
  4. その社交的状況は回避され,または,強い恐怖または不安を感じながら耐え忍ばれる
  5. その恐怖または不安は,その社交的状況がもたらす現実の危険や,その社会文化的背景に釣り合わない
  6. その恐怖,不安,または回避は持続的であり,典型的には6カ月以上続く
  7. その恐怖,不安,または回避は,臨床的に意味のある苦痛,または社会的,職業的,または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている
  8. その恐怖,不安,または回避は,物質(例;乱用薬物,医薬品)または他の医学的疾患の生理学的作用によるものではない
  9. その恐怖,不安,または回避は,パニック症,醜形恐怖症,自閉スペクトラム症といった他の精神疾患の症状では,うまく説明できない
  10. 他の医学的疾患(例:パーキンソン病,肥満,熱傷や負傷による醜形)が存在している場合,その恐怖,不安,または回避は,明らかに医学的疾患とは無関係または過剰である

-American Psychiatric Association(高橋三郎、大野裕、染矢俊幸ほか訳)『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』医学書院より引用-

もう少し簡潔にいうと、社交不安障害というのは他の人の視線が集まるような機会において著しい不安や恐怖に陥ってしまい、同時に恐怖や不安が強すぎるあまり回避行動を取ってしまうこと、回避行動までとはいかなくても絶えず不安や恐怖にさらされて耐え忍んでいることがあるという状態が見受けられます。

また不安や恐怖を感じる背景、回避行動を取ってしまう背景には、相手から否定的な評価を受けてしまう、拒絶されてしまう、自分が恥をかいて恥ずかしい思いをしてしまう、他の人に迷惑をかけてしまうといった思いが強いことにあります。

その結果、日常生活において学校に通えない、仕事に就けないなどの不利益を被ってしまうというのが問題であり、心の病気ということになるのです。

社交不安障害の診断基準にもありますが、パニック障害(パニック症)、醜形恐怖症(あるいは身体醜形障害)、自閉スペクトラム症、他の医学的疾患の可能性を考え、そのどれをとっても上手く説明できない場合に、社交不安障害の可能性が出てきます。

そのため、肥満や容姿が醜いという理由で他の視線を過度に気にしてしまうということであれば醜形恐怖症、過去に強いパニック発作を経験して人前に出ることが困難であるということであればパニック障害という診断がなされるということです。

社交不安障害の歴史

i17

今日、社交不安障害は日本以外の全世界で見られている心の病気です。

しかし社交不安障害あるいはその略称であるSADという名称は、思いの外知名度は低いです。その代わり対人恐怖症という名称の方がむしろ馴染み深い感じがあると思います。

その理由としては、対人恐怖症という名称が社交不安障害という名称の前に知られていたというのが大きな要因として挙げられそうです。

もともと対人恐怖症については、日本では森田療法を作った森田正馬先生が研究を進めており、世界に対して対人恐怖症という存在を発信していました。

海外ではそのままTaijin kyofushoとして取り上げられていたということもあり、海外の専門家の間では、対人恐怖症は日本をはじめとする儒教的な文化が根付いている地域に見られる文化結合症候群のひとつだと言われていました。

文化結合症候群とは、ある特定の国や地域の文化的背景が原因となって起こる心の病気のことです。今回の対人恐怖症を例に取れば、世間体を気にする恥の文化を持つ国々では、他者から自分がどう見られているのかということに対して強い恐怖を覚えるのは十分に考えられることなのです。

しかし今まで対人恐怖症と言われてきたものが、実は海外の人にも当てはまるケースが報告されるようになってきました。

ただ海外では、その当時から、対人恐怖症ではなく社会恐怖や社交恐怖という名称がありましたので、日本や海外でそういったものと対人恐怖症はどういう部分で一致するのか、専門家の間でも様々な議論が起こりました。

北海道大学の教授であった精神科医の山下格先生によれば、対人恐怖症は、対人不安や対人緊張を主体とする緊張型の対人恐怖と他人には認識できない当事者の妄想的ともいえる確信が対人恐怖を招いている確信型の対人恐怖に分類できるとしています。

そして緊張型と確信型では、緊張型の対人恐怖の方が社交不安障害の診断基準を満たしている場合が多いということも言われています。

現在は、精神疾患を診断するための共通言語であるDSM(現在は『DSM-5』が発行されている)が診断基準として用いられ、名称としても社会恐怖から社会不安障害、そして社交不安障害へと変遷し今日に至っています。また最近では、さらに社交不安障害から社交不安症という名称に変わりつつあります。

ただし医療現場においては混乱を防ぐために、社交不安障害という名称で診断名が下される場合もあれば、その前の名称であった社会不安障害という名称で診断名が下される場合もあります。

社交不安障害に見られる2つのタイプ

i23

社交不安障害には2つのタイプが存在するのをご存知でしょうか。そのタイプというのが全般性社交不安障害と非全般性社交不安障害です。非全般性社交不安障害は限局性社交不安障害とも言われます。

気をつけて欲しいのが、全般性社交不安障害という名称から全般性不安障害と見間違えそうですが、あくまでも別ものです。

全般性社交不安障害というのは、基本的には人と接する、交流する全てのことに対して恐怖を感じる心の病気です。そのため学校や職場での人間関係、そして日常生活のあらゆる活動が狭くなってしまい、支障をきたしていることが多く見受けられます。

一方で非全般性社交不安障害というのは、特定の機会において身体症状が表れ、そのこと自体に恐怖を感じる心の病です。

例えば、人前でご飯を食べるのが怖い会食恐怖、人前で何かを話すことが怖いスピーチ恐怖はまさに非全般性社交不安障害の典型的な事例と言えます。

しかし全般性社交不安障害と非全般性社交不安障害の明確な境目というのは存在しません。非全般性のものであっても、全般性の要素を含んでいることもありますし、その逆も然りです。

そのため性質が全く異なるというよりも、恐怖や不安対象の範囲やその質の程度の差といえるのではないでしょうか。

非全般性社交不安障害に含まれる恐怖群について、下記のページにまとめてありますのでご覧ください。

社交不安障害になってしまう原因

i74

社交不安障害になってしまう特定の要因というのはまだ分かっていません。

ただ生まれつき不安を感じやすい気質、育ってきた環境、脳内の扁桃体における過活動やセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質の異常など、そういったものが関係しているのではないかと考えられています。

その他では、親や兄弟が社交不安障害を患っていた場合、その発症リスクは倍以上になることが知られています。これは遺伝的側面の他に、選択行動が似ているからとも言えます。

もし不安体質を抱えている親が、我が子も不安体質かもしれないということで、子どもの周りから不安を取り除こうと箱入り娘のように過保護に育ててしまうと、その子は不安を感じるような場面に直面した時に、今まで不安を感じるようなことがなかった為、よりいっそう不安を感じてしまいます。

一方で、我が子が不安になりやすいからといって厳しく育てすぎてしまうと、何をするにしても否定されてしまうことから、いつまでも自尊心が低いままになってしまい、不安体質から抜け出せない状態になります。

原因が何であるかは人それぞれですが、思い当たる節が自分の中にあるのであれば、それが原因のひとつである可能性は高いです。

その原因であるものを知って、そしてそれを踏まえていかに日常生活における支障を緩和していくのか考えていかなければいけません。

社交不安障害の主な治療法

i39

当事者の向き不向きはありますが、一般的にお薬によるものと心理療法の2通りの治療法が挙げられます。

具体的に見ていくと、お薬によるものでは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ薬を処方して不安症状を抑えていくやり方があります。

SSRIはもともとうつ病の治療薬として開発されましたが、セロトニンに関係することから社交不安障害をはじめとする不安障害にも効果的であるということで、今現在では基本的な治療薬になっています。

心理療法では、認知行動療法や曝露療法(エクスポージャー法)、対人関係療法、そして森田療法などが挙げられます。

認知行動療法というのは簡単に言えば、ものの捉え方や考え方の歪みを直していくというもので、それに派生した曝露療法は、あえて自分の恐怖や不安となっているものに身を置き、慣れさせて成功体験を獲得するというものです。

対人関係療法というのは、発症のきっかけとなっている対人関係上の出来事を把握して、そこからどのような影響を受けているのかなどに注目して治療を行う心理療法です。

森田療法というのは、先ほど名前を挙げた森田正馬先生が作った療法で、簡潔に言うと、不安や恐怖そのものは誰もが抱く感情なので、そういうことは異常ではなく、むしろ、そういう感情を含めてあるがままの自分を受け入れるというスタンスで治療を行う心理療法です。

どの治療法にも一長一短はあります。ただ社交不安障害は自然に歳を重ねれば良くなるものではないので、何かしらの治療法が求められるでしょう。

今回、社交不安障害当事者以外の人にも分かるように、診断基準、タイプ、原因、治療法についてまとめてみました。

ただ注意してほしいのが、社交不安障害といってもその症状の程度や幅というのが多岐に渡ります。そして社交不安障害と診断されながらも実はうつ病を併発していたり、その他の精神疾患が付随していたりするケースがあります。

また当事者側から見ても、自分自身が社交不安障害であることは気づきにくいものがあります。その理由としては、不安や恐怖そのものの感じ方に個人差があり、それがまさか心の病気だとは思わないからです。

まだまだ社交不安障害はそれほど知名度がある心の障害だと思えませんが、少しでも当事者が今の世の中を生きやすいと感じられるようになるためにも、この精神疾患を知ってほしいと思います。

参考文献

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP