不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 不安障害
  3. 限局性恐怖症とはどんな病気!?症状、原因、治療法について

限局性恐怖症とはどんな病気!?症状、原因、治療法について

皆さんはある特定のモノや事に対して恐怖を感じたことがありますか。

高いところや狭いところ、動物や自然現象、針や血液などその対象は多岐に渡ると思います。

しかし恐怖という感情は私たちが生活する上で必要不可欠な感情であり、恐怖感情があることで日々安全に生活を送ることができます。

もし仮に恐怖を全く感じないようになってしまったら死に対する恐怖も無くなってしまい、危険を回避することができず簡単に命を落としてしまうでしょう。

私たちにとって恐怖という感情は切っても切り離せない存在ではありますが、その恐怖感情が強すぎて自分で上手くコントロールできなくなることがあります。そのような状況に陥っている場合、今回紹介する限局性恐怖症の疑いがあるかもしれません。

限局性恐怖症とは何か

限局性恐怖症という言葉は日常的に使われる言葉ではないので、多くの人にとってみれば馴染みのない言葉だと思います。

簡単に説明すれば、特定の物、場所、状況に対して著しい恐怖を感じ、それに伴う身体症状や回避行動により日常生活に支障をきたしてしまう心の病気です。

恐怖感情は主観的なものなので第三者から分かりづらいこともありますが、診断基準のひとつとなる『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』を見ると以下のような基準があります。

  1. 特定の対象または状況(例:飛行すること,高所,動物,注射されること,血を見ること)への顕著な恐怖と不安
  2. その恐怖の対象または状況がほとんどいつも,即時,恐怖や不安を誘発する
  3. その恐怖の対象または状況は,積極的にさけられる。または,強い恐怖や不安を感じながら耐え忍ばれている
  4. その恐怖または不安は,特定の対象や状況によって引き起こされる実際の危険性や社会文化的状況に釣り合わない
  5. その恐怖,不安,または回避は持続的であり,典型的には6カ月以上続いている
  6. その恐怖,不安,また回避が,臨床的に意味のある苦痛,または社会的,職業的,または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている
  7. その障害は,(広場恐怖症にみられるような)パニック様症状または他の耐えがたい症状;(強迫症にみられるような)強迫観念と関連した対象または状況;(心的外傷後ストレス後障害にみられるような)心的外傷的出来事を想起させるもの;(分離不安症にみられるような)家または愛着をもっている人物からの分離;(社交不安症にみられるような)社会的場面,などに関係している状況への恐怖,不安,および回避などを含む,他の精神疾患の症状ではうまく説明されない

-American Psychiatric Association(高橋三郎、大野裕、染矢俊幸ほか訳)『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』医学書院より引用-

当事者は、その恐怖がもたらす実際の危険性とは釣り合わないことを理解しているものの、身体がその恐怖対象に強く反応してしまい、かつ持続性もあって社会的にも職業的にも悪影響を及ぼしている状態が限局性恐怖症の典型的なパターンと言えます。

恐怖感情については、誰にでも恐怖心を持つことはありますしそれ自体は正常の生理反応なので問題ありません。しかし本人も分かっていて、なおかつ客観的にみても正常範囲を超えた恐怖反応を見せる場合は、限局性恐怖症の可能性があるでしょう。

限局性恐怖症の種類

限局性恐怖症の種類は多種多様で、極論を言えば何でも恐怖対象になってしまいます。

現在確認されている恐怖症についてはいくつかグループに分けることができ、クモやヘビなどの動物系、高所や雷などの自然現象系、注射や血液といった血液・注射・負傷系、エレベーターやトンネルといった状況系、そしてその他に属する恐怖症、それぞれ大まかにですが5つのグループ分けができます。

ただ現代社会において、特に日常生活に支障をきたしてしまう恐怖ということであれば、移動手段である電車や飛行機に関わる高所恐怖症や閉所恐怖症、食に関する嘔吐恐怖症や会食恐怖症、その他にも注射そのものの行為や注射針が怖いといった注射恐怖症や先端恐怖症などが挙げられるのではないでしょうか。

ちなみに海外のサイトですがThe Phobia Listというサイトがあります。

こちらのサイトでは、アルファベット順に、100種類以上の恐怖症が掲載されています。

英語では恐怖症にはphobiaという接尾語が付き、その言葉の前に恐怖対象が付きます。

リンク先のサイトは英語のみですが、どういった恐怖症なのかを分かりやすくするためにFear of ~と表記して初見でも恐怖が分かるようになっています。

人間の神秘と言いますか、様々な恐怖対象があることにビックリです。興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

限局性恐怖症になってしまう原因

限局性恐怖症は実際に窒息しそうになったり、おぼれ死にそうになったりといった命を脅かすような心的外傷体験(トラウマ体験)の経て、発症してしまうケースもありますが、元々の遺伝的な要因からなってしまうことがあります。

例えば、高所恐怖症や閉所恐怖症などは私たちの祖先がその当時の環境を生き抜くためのものとして身に付けた恐怖と言っても過言ではありません。

そして今日、遺伝情報として組み込まれた恐怖対象を目の前にした時に引き金となって、身体的な症状や回避的な行動に繋がっていくと考えることができます。この件に関してはBrian G DiasとKerry J Resslerが研究した結果(「Parental olfactory experience influences behavior and neural structure in subsequent generations」)からも示唆されており、このような恐怖は死を回避するために遺伝子に刻み込まれた、言うなれば本能的なものでもあるのです。

その他の可能性として、限局性恐怖症は10歳以下の幼い子どもに多く発症することが知られていますが、その後、成長するにつれて子どもの頃に覚えた恐怖が薄れ日常生活に影響することはほとんどなくなります。ところが全員がそういうわけではなく、本人の気質的に不安を感じやすかったり物事を悲観的に捉えたりするような人は、覚えた恐怖がそのまま続き限局性恐怖症と呼ばれる段階まで発展してしまう可能性があるのです。

さらに過保護や過干渉な両親による養育、親の死別、養育者からの虐待行為などがあった場合は、環境的な視点から発症リスクを高めてしまいます。

『精神疾患・メンタルヘルスガイドブック: DSM-5から生活指針まで』によれば、限局性恐怖症の約75%の人たちが複数以上の物や状況を恐れていることが分かっており、あるひとつの恐怖がまた別の恐怖を呼ぶ負の連鎖に陥っていると言えます。

元々の恐怖対象から派生してまた別の恐怖を生んでしまうこともあるため、治療介入する際にはどういった恐怖を感じてしまうのか把握が必要になるでしょう。

限局性恐怖症の主な治療法

脳の側頭葉内側の奥にアーモンド型の部位があります。扁桃体という部位です。

この扁桃体は恐怖を司る領域として知られており、正常に機能しなくなると恐怖を感じることができなくなってしまいます。現にサルを用いた動物実験において、本来であればヘビを恐れるはずのサルが扁桃体を除去した結果、ヘビを恐れることなくむしろヘビを食べようとする行動が確認されています。

つまり恐怖に対しては扁桃体に対するアプローチが必要になってくるのです。しかし限局性恐怖症だからといって扁桃体を切除するわけにはいきません。

そこで扁桃体の働きを抑える試みとして、お薬によるもの、心理療法によるものが挙げられます。

限局性恐怖症に関しては心理療法を中心に行われることがほとんどなので、お薬の服用は心理療法と併用する形になると思います。もしお薬を服用することになればベンゾジアゼピン系抗不安薬やβ遮断薬などが挙げられるでしょう。

心理療法についてですが、認知行動療法、曝露療法、系統的脱感作法、モデリング療法などが考えられます。

曝露療法や系統的脱感作法、モデリング療法は認知行動療法のプログラムの一部として考えることもできますが、ここでは個々の内容についてどういったものなのか明確にするために別々にしています。

簡単に言うと、曝露療法というのは当事者が恐怖対象となるものに己の身を晒して段階的に慣らしていく方法です。系統的脱感作法も似ていて、恐怖を感じる場面を思い出して、恐怖に直面した時のコントロール感覚を身につけるという方法です。

モデリング療法については、例えば犬に恐怖を感じる人に対して犬と戯れている人の姿を見せ、その後実際に犬に触ってみさせて自分の認知と行動を変えることを目的とする方法です。

モデリング療法に関しては、Banduraの観察学習理論に基づいて行われますが、このBanduraという人は神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming:NLP)に関わった方なので、NLPもまた限局性恐怖症に一定の効果が期待できると思います。

ただNLPは心理療法というよりはビジネスでの自己啓発的なイメージが強く、NLPのセミナーや資格講習の料金設定の高さから、怪しいと感じたり胡散臭いと思ったりする人も意外と多いと思います。なので気になる人はNLPのセミナーに参加する前に、NLPについての本を読むことで仕組みを理解するといいのではないかと感じます。

図書館で本を借りれば費用はかかりませんので経済的です。

曝露療法や系統的脱感作法、モデリング療法なども含め、モノの捉え方や考え方の歪みを修正していく認知行動療法を実践することで、恐ろしい状況に対する扁桃体の反応を弱めていくことが可能になります。

なお曝露療法や系統的脱感作法、認知行動療法は正しいやり方を身につければ個人的に行うことも可能ですが、初期の段階では臨床心理士や認定行動療法士などの専門的な知識を有する人にサポートしてもらうことで比較的安全に取り組むことができるでしょう。

限局性恐怖症の捉え方

世間一般的には高所恐怖症や閉所恐怖症、先端恐怖症などのある特定の恐怖症を抱える人も多いと思いますが、単に特定のものに対して恐怖を感じたら恐怖症扱いになるのでしょうか。

各々によって捉え方は変わるとは思いますが、ひとつの指針として日常生活や社会活動にどの程度影響を及ぼしているかがポイントになるでしょう。

芸能人の方でも高所恐怖症を公言しながらもバンジージャンプやスカイダイビングをしている人もいます。この場合、高所恐怖症を抱えつつも仕事を遂行出来ているので、軽い高所恐怖症か、あるいは単なる苦手意識によるものではないかという見方ができます。

私が知る高所恐怖症を抱えた人は書店にある小さな脚立さえも上ることができず、いつも高い場所にある本は店員さんに取ってもらって申し訳ない気持ちを抱えているということでした。

この他の事例でも、会社から海外出張を命じられた際に飛行機に乗ることを恐れていたために全て拒否してるケースもあり、仕事を遂行するうえで大きな支障になっていることが理解できます。

つまりは仕事や学業、日常生活において対象となる恐怖症がどの程度なのかを把握することが重要であり、周囲もまた単なる恐怖症だからと軽視することなく、深刻であれば早めに医療機関を受診することを勧める必要があります。

さらに補足ですが、水に恐怖を感じた場合は狂犬病の疑いが出てきます。こちらは感染症であり万が一発症した場合は致死率がほぼ100%です。

日本では公衆衛生が整備されているので狂犬病のケースはほとんどありませんが、2006年に日本で狂犬病による死亡例が確認されていますので、全く可能性がないわけではありません。

公衆衛生が整っていない国に渡航した際に、もし犬に噛まれてしまったらすぐに処置するようにしてください。

今回は限局性恐怖症について特徴、原因、治療法などについて見ていきました。

限局性恐怖症は不安障害のひとつでもあり治療対象になる心の病です。

○○恐怖症と名前ばかり先行して、当事者が恐怖症の症状に悩んでいるにも関わらず十分な治療に結びつかないことも多々あり、当事者も含め周囲にいる人の知識不足や理解不足からくる治療の遅れというのもあります。

単なる恐怖症だからといって侮ってしまうと、人生そのものの質を下げてしまいかねません。

なによりも早期の治療介入が大切です。もし周囲に何かしらの恐怖症を抱え苦しんでいる人がいるのであれば、治療に結びつくようなサポートをしてほしいと思います。

参考文献


スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP