不安障害を主なテーマに、その症状や原因、治療法などについて、当事者や家族だけではなく、不安障害そのものを知らない人に向けて正しい認識や理解を目指して情報を発信しています。

  1. 不安障害ラボ
  2. 社交不安障害
  3. 社交不安障害は病気か性格か!?

社交不安障害は病気か性格か!?

社交不安障害というのは、人から注目を浴びるような状況、人と何かしらの交流を持つ場面に対して、その状況に合致しないほどの強い不安や恐怖を感じ、日常生活や社会参加に大きな支障をきたしてしまう心の病気です。

正式な病気として認められているにも関わらず、人前で緊張している様を表す「あがり」や内気な性格を表す「シャイ」と混同されがちで、本当に病気なのかどうか疑問に感じている人が多いのが実際のところです。

社交不安障害についてネットで検索すると、社交不安障害に付く言葉として「甘え」や「怠け者」というワードが頻繁に登場します。

これは前提に社交不安障害が性格のひとつとみなされているからでしょう。

とは言うものの、医学的には「社交不安障害(社交不安症)」という病名があり、実際にその症状で苦しんでいる当事者がいます。

今回、社交不安障害が病気として考えられる理由を様々な角度から確認していきたいと思います。

社交不安障害が病気として考えられる理由

日常生活や社会生活に支障をきたしている

病気というのは大まかに言えば「人間が持っている正常な機能が働かず、通常の生活に支障をきたす」といった具合に説明できると思います。

正常な機能が働かずの「正常な」というのは、平均して皆が持っている能力を指し示し、そしてその部分から乖離していることで日常生活や社会生活に支障をきたしている状態が病気として考えられます。

社交不安障害に関して言えば、人前で話す能力は十分あるのに「人前で挨拶をしなければいけない」、「プレゼンしなければいけない」という理由から苦痛に耐えられず仕事をやめてしまったり、自分にとって不都合になるとわかっていても回避行動をしてしまったり、結果的に日常生活や社会参加に支障をきたしていると言えます。

社交不安障害を持っている人の中には不登校であったり、定職に就いていなかったり、ひきこもり状態であったり、自分自身が持っている能力を活かしきれずに自分の殻に閉じこもってしまっている人が多く見受けられます。

もちろん社交不安障害の症状の程度や質にもよりますが、特に症状が深刻な人というのは、人生の質が極めて低下しているので放っておける問題ではないと感じます。

慣れることが難しい

基本的に、人には「慣れる」というとても素晴らしい機能が備わっています。

初めてやることはどうしても時間がかかってしまいますが、数をこなしていくうちにだんだんと速くそして上手にできますよね。

これが慣れることによる利点です。

先ほども社交不安障害は「あがり症」や「シャイ」と混同されることがあると言いましたが、人前で挨拶したりプレゼンしたりする時に緊張することは正常なことです。この点に関しては皆が感じることなので、病気とは言えません。

またあがり症と言われている人たちであっても、回数を重ねていけば、問題なく人前で挨拶したりプレゼンしたりすることができます。

しかし社交不安障害の場合は、人と接する場面や機会で過剰な不安や恐怖が誘発されるため、動悸、発汗、顔の火照り、赤面などの身体症状が極めて強く表れてしまうので、慣れるという段階になく、むしろそうした場面を繰り返すことで症状が強化されていき、回避行動に繋がってしまうのです。

欲求の阻害

社交不安障害に含まれる恐怖のひとつに会食恐怖というのがあります。会食恐怖を持っていると、仮に大好きな食べ物であっても、外で食べることが難しくなってしまうことがあります。

外食できないなんて、「おかしいんじゃないの」って思う人もいるかと思います。そのおかしいんじゃないのというのが、まさに病気の証と言えるでしょう。

たとえ人見知りと言っている人であっても、シャイで内気な人であっても、やりたいことがあればとりあえずやってみるということはあると思います。

しかし社交不安障害の場合は、不安に対するコントロールを失っている状態で、欲求を満たせず苦しんでいることが往々にしてあるのです。

これは何も会食恐怖に限らず、その他の社交不安障害に該当する恐怖でも同様のことが見受けられます。

脳の機能的な問題がある

社交不安障害について、脳内での危険を察知する扁桃体の過活動、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の異常、そういったものが関係しているのではないかと考えられています。

現に、社交不安障害を持つ患者の脳内活動を調べたところ、扁桃体が過剰に反応しやすく、また眼窩前頭皮質が扁桃体を上手にコントロールできていないことが明らかになっています。

そのため、自分の意思ではどうにもできないところで脳が反応してしまい、身体的な症状が引き起こされ、その苦痛に耐えかねて回避行動に繋がっていきます。

社交不安障害の治療にお薬が使われることがよくありますが、そのひとつSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、脳内で神経細胞同士の間に放出されたセロトニンを、元の細胞に取り込まれないよう阻害して、細胞間のセロトニンが減らないようにするお薬です。

セロトニンが十分に働くことで扁桃体の過剰な反応を抑制できるので、その目的として使われます。

発症前後で人が変わる

社交不安障害が最も発症しやすい時期というのが思春期の頃です。

社交不安障害になってしまう理由については、遺伝的なもの、環境によるもの、経験によるものなど様々な要因が絡まって発症しているというのが大方の見方です。

そのため社交不安障害になる前は、どちらかというと人前で話すことも苦ではなく、人と接する機会も多かったと話す人もいます。

しかし社交不安障害を患ってしまった途端に、人と接する場面が恐怖や不安を引き起こす引き金となり、何度も繰り返しているうちに慢性化して、人が変わったように今までの行動スタイルが変わることも多いのです。

社交不安障害を持っている人の中には、人前で上手に話せるように話し方教室に通ったり、性格改善セミナーのようなところに通ったりする人もいますが、根本的に社交不安障害は性格のせいではなく病気であるので、そういった所に通っても効果を感じられないことが多いのです。

医療機関を受診して適切な治療を受けることで、発症する以前の状態に戻る人が出てくるのです。人前に立っても問題なく自分の力を発揮し本来の自分の姿を取り戻す人も多いのです。

社交不安障害を「病気」と捉えるか「性格」と捉えるか、その違いは大きいものがあると思います。

実は社交不安障害が病気として認められ治療法が確立されたのは、ここ10年のことです。

また当事者側も性格として捉えてしまうことで、「もう治らないのではないか」と考えることもしばしばあり、治療の機会を逃してしまうこともあります。

もちろん本当に自分自身が社交不安障害なのか、この部分を自己判断で決めるのは危険があります。それは単なるあがり症や人見知りと社交不安障害は違うからです。

社交不安障害はその症状が慢性化していけば、様々な合併症を引き起こします。特に社交不安障害とうつ病の合併パターンは比較的多く見られ、うつ病かもしれないと思って病院を訪れたら、実は社交不安障害も発症していたというケースが往々にしてあります。

重症化していると、治療には幾分の時間がかかりますが、かといって症状をそのままにしておくと悪化の一途をたどっていきます。症状がこれ以上悪化しないためにも、早めに適切な治療を受けてほしいと思います。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールについて

当サイトについて

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

スポンサードリンク

PAGE TOP