不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 社交不安障害
  3. 【まとめ】社交不安障害を経験した有名人一覧

【まとめ】社交不安障害を経験した有名人一覧

不安障害の中でも人の視線を過度に気にしてしまう社交不安障害(社交不安症)は、人前に出ることを極力回避するため、社交不安障害を抱えている有名人はというと限りなく少数です。

同じ不安障害のひとつであるパニック障害と比べるとその数に大きな差があります。

特に日本では文化的にも恥を意識するものがあるため、わざわざ人前に出ることが苦手な人が自らの恥を感じてしまう可能性がある場所に行くのは考えにくいです。そのため日本人という括りで考えるとあまり例がありません。

強いて挙げるなら、過去に対人恐怖症を持っていて営業ができずに会社を解雇された経験を持つ、ニトリ創業者の似鳥昭雄さんが有名だと思います。

明らかに仕事に支障をきたし不都合が生じている時点で病気として認められるでしょう。

もちろん似鳥さん以外にもいるとは思いますが、仮に居たとしても比較的症状が軽く、本人が社交不安障害であることを知らずに日常生活を当たり前のように送っている場合に限ると思います。

日常生活を当たり前のように送っているのであれば取り沙汰すこともないので、他の人が知る由もないでしょう。

では日本ではなく海外に目を向けるとどうでしょうか。海外に目を向けると自ら社交不安障害で、その症状に苦しんだ経験をカミングアウトしている有名人がいます。

数人ですがご紹介したいと思います。

社交不安障害を経験した有名人

元オリンピック競泳選手のスーザン・オニールさん

susan-oneill

出典:http://www.gettyimages.co.jp/

リオオンリピックに沸いた人も多いと思いますが、その16年前、シドニーオンリピックで活躍したスーザン・オニールさんという方が社交不安障害であることを告白しています。

オーストラリア出身の彼女は、かつて表彰台に上がって人の視線を浴びたくないという理由から、3位以内に入りたくないという思いがあったそうです。

まさに社交不安障害における視線恐怖の典型的な例です。

彼女は国の代表になり、そしてオリンピックで金メダルを取るほどなので、実力は相当なものがあったと思います。よくよく彼女のことを調べると、2000年にアメリカの競泳選手が持っていた世界記録を塗り替えて、新記録を打ち立てるほどのトップスイマーでした。

そんな彼女が、社交不安障害によって本来の実力を発揮できないことがあったことを知ると、社交不安障害が日常生活だけではなく人生そのものまでも左右してしてしまう心の病気だと感じます。

イギリスを代表する俳優ローレンス・オリビエさん

olivier

出典:https://twitter.com/kozy1965

もうお亡くなりになっていますが、彼はシェイクスピア俳優とも呼ばれ、『ヘンリー5世』や『ハムレット』の主役を演じ、英国アカデミー賞でも主演男優賞に輝くほどの名俳優として知られています。

ちなみに『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役を演じていたヴィヴィアン・リーさんの旦那さんでもありました。

そんな彼が社交不安障害を発症したのは、体調が悪い日に舞台に上がった際、セリフが出てこなかったらどうしようという不安に襲われてからでした。いわゆる予期不安による悪循環が彼を苦しめたということです。

名俳優と呼ばれる人が舞台というまさに人からの視線を浴びる場所で、社交不安障害と闘っていたことを知ると、本人がどれだけ苦しく辛かったのかを感じられるのではないでしょうか。

元メジャーリーガーのドントレル・ウィリスさん

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Dontrelle_Willis

フロリダ・マーリンズで主に活躍し新人王や最多勝に輝くなど、マーリンズのエースと称されるほどの選手でした。20勝以上するシーズンもあったのでメジャー屈指のピッチャーと言っても過言ではないでしょう。

そんな彼もまた社交不安障害に苦しんだ人でした。社交不安障害によりチームから離脱することが度々ありましたが、それでも自分自身と向き合いながらピッチャーとして投げ続けました。

メジャーという大舞台でピッチャーというゲームの流れを作るポジションを任され、そして周りの視線を浴びるマウンドに身を置くというのは、私たちが想像する以上のプレッシャーだったと思います。

今回、社交不安障害を患っていた有名人として3名の方を紹介しました。

この方々以外にも、ハリーポッターシリーズの作者であるJ・K・ローリングさんや政治学者の姜 尚中さんは社交不安障害であった可能性があると指摘する人もいますが、あくまでも可能性の域の話なので、実際のところはどうなのか分かりかねます。

今回紹介した3人を見ると、肉体的にも精神的にも強さが求められるアスリート、観客に見られることが仕事である俳優、一見すると社交不安障害と無縁に思える人たちが実は心の病を抱えていたことを知ると意外に思う人も多いのではないでしょうか。

社交不安障害を患うと日常生活でも支障をきたすことがあるのに、試合や舞台という大一番でということになると、想像を絶するほどの不安や恐怖と闘っていたことでしょう。

社交不安障害というのはまだ一般的な心の病気とは言えません。ここに挙げた有名人の方も自分からカミングアウトしなければ、分からずじまいだったと思います。

しかしカミングアウトした結果、有名人も同じ症状で苦しんでいたという事実が当事者の支えになることがあります。そして自分だけが苦しんでいるわけではないという気持ちが、一歩前に踏み出してみようという勇気に変わることもあります。

だからこそ社交不安障害に限らず、有名人による心の病の告白が誰かを救うきっかけになるのではないかと感じています。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP