不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 社交不安障害
  3. 社交不安障害と恋愛について

社交不安障害と恋愛について

社交不安障害は他者の注目を浴びるようなことに対して著しい恐怖や不安を感じ、その結果、対人場面を避けてしまい日常生活を円滑に送ることが難しくなってしまう心の病気です。

他者の注目を浴びるというと大勢の前で話したり演奏したりすることを想像しやすいですが、それ以外にも一対一やグループ内での会話や会食に恐怖を感じることもあります。

社交不安障害には視線恐怖や会食恐怖、自己臭恐怖など、恋愛をするにあたって障害となる恐怖が含まれていますので、恋愛できるのかどうか悩んでいる人も多いと思います。

ということで今回は恋愛をテーマに、社交不安障害と恋愛の関係を様々な角度から見ていきたいと思います。

社交不安障害は恋愛できないわけではない

結論を先に言いますと社交不安障害を抱えていても恋愛できないわけではありません。実際に社交不安障害だけれども素敵なパートナーが存在して、結婚している方もいらっしゃいます。

ただそうはいっても、そこには様々な条件があって、また症状の程度にも大きく左右されるというのが前提としてあります。

その条件や症状の程度と言うのはどういうものなのかを具体的に見ていきましょう。

発症時期との関係

社交不安障害が発症する平均は13歳で、約75%の人が8~15歳までの間に発症すると言われています。つまり思春期の多感な時期に社交不安障害は発症しやすいということです。

思春期の頃というと学年でいえば中学・高校生の時期にあたりますが、やはりこの頃は性の目覚めや異性を気にする時期でもあり、男子は女子に、女子は男子に恋心を抱きやすくなります。

そのためこの時期に社交不安障害になってしまうと、人に対して著しい不安や恐怖から人と交流する機会を自ずと避けてしまうため、恋愛感情はあっても実際に交際に至るというのは難しいと言えます。

また対人交流の機会を大人になってまで避けてしまうと、ますます出会いの場が限られてしまうので、そういった意味でも社交不安障害がもとになって恋愛しづらいと感じている当事者も多いのではないかと思います。

ただ残りの25%の人は大人になってから社交不安障害を発症したケースなので、その場合は社交不安障害を発症する前に恋人がいたり、結婚していたりする人もいることでしょう。

こうした背景を知れば、「社交不安障害なのにどうして恋人がいたり、結婚していたりするのか」という当事者側の疑問は払拭できるのではないでしょうか。

性別の違い

社交不安障害の発症に対して性差は関係ないと言われています。つまり男性であっても女性であっても発症する人は発症します。

しかし恋愛ができるかどうかということに対しては大きく性別の差はあると思います。

それはどうしてでしょうか。

症状の程度にもよりますが、症状が慢性化することで職業の選択が限られたり社会的スキルの習得が困難になったりします。言うなれば社交不安障害があることで定職に就きにくいことを示唆しています。

ところで一昔前よりも男女ともに初婚年齢が上がっているのは皆さんもご存じだと思います。

厚生労働省が発表した『平成23年人口動態統計月報年計』によると、平成23年の平均初婚年齢は夫30.7歳、妻29.0歳となっています。ちなみに平成5年では夫28.4歳、妻26.1歳となっています。

確かに数字だけみると「やっぱり初婚年齢は上がっているな」、「年々と晩婚化が進み結婚しづらくなってきているのかな」と思うのではないかと思います。

実際、平成5年から23年の間には就職氷河期と言われる時期があったり、雇用に対する規制緩和が進み働き方が大きく変わったりした時でもあります。

もちろん時代とともに結婚に対する考え方が変わってきたことも要因のひとつとして挙げられますが、それでも年々初婚年齢が上がっている背景には私たちの生活を取り巻く経済的な環境の変化ということも要因として十分考えられるでしょう。

そのように考えた時、社交不安障害を抱える人というのは、本来社会で十分生かせる能力があるのにも関わらず職業選択が限られてしまい、経済的な側面から見ても不利益を被ってしまいやすくなります。

また男性ならば将来的には家族を養っていかなければならないでしょう。仮に百歩譲って奥さんになる人に養ってもらえればいいという考えもあると思いますが、相手からの否定的な評価に対する著しい恐れが根底にある社交不安障害の場合では、あからさまに他者に迷惑をかけるような状況を選択することは考えにくくむしろ迷惑をかけるくらないならやらないということを選びます。

そのため社交不安障害で恋愛をしたいということになった時には、そのしやすさということを考えると男性よりも女性の方が比較的しやすいと言えるのではないかと思います。

2つのタイプによる違い

社交不安障害には2つのタイプが存在します。それが全般性社交不安障害と非全般性社交不安障害です。非全般性社交不安障害は限局性社交不安障害とも言われます。

全般性社交不安障害というのは基本的に人と接すること、交流すること、その全てのことに対して強い恐怖を感じます。そのため学校や職場での人間関係、そして日常生活のあらゆる行動や活動が狭くなってしまい人生の質が低下してしまっているのが見受けられます。

一方で非全般性社交不安障害というのは特定の場面や機会において著しい恐怖を感じます。

例えば、人前でご飯を食べるのが怖い会食恐怖、人前で何かを話すことが怖いスピーチ恐怖はまさに非全般性社交不安障害の典型的な事例と言えます。

しかし全般性社交不安障害と非全般性社交不安障害の明確な境目というのは存在しません。非全般性のものであっても、全般性の要素を含んでいることもありますしその逆も然りです。

ただ恋愛のしやすさということでいったら全般性よりも非全般性の方がしやすいでしょう。

その理由は非全般性の方が特定の場面を回避できれば症状が表れず恋愛しやすい環境を作りやすいからです。実は社交不安障害と言っても全ての人に対して恐怖を感じるケースはあまり多くありません。

もちろん全ての人に対して恐怖を感じる場合もありますが、その場合だと回避性パーソナリティ障害を併発している可能性があり、社交不安障害の範疇から離れて考えられることもあります。

社交不安障害ということで話で進めていくと、理解ある人なら恐怖を感じることもなく普通に接することもでき、その理解者が彼氏や彼女ひいては結婚相手になるケースがあります。

当事者にとっての理解者が表れるかどうかということが重要なのですが、非全般性であれば活動範囲も広がるので可能性は高まるでしょう。

人間関係に対するトラウマとの関係

社交不安障害といってもその領域は幅広いものがあります。

社交不安障害に含まれる恐怖を見ると分かりますが、どの恐怖も人が関わっているというのが大きな特徴として見られるものの、その表れ方には様々なバリエーションがあります。

例えばですが、話している内容を誰かに聞かれているのではないかという不安から電話をかけたり受け取ったりするのが難しい電話恐怖、職場を訪れた人に対してお茶を出す際に手がふるえるという症状が表れてしまう振戦恐怖など、これらは社交不安障害に含まれる恐怖ですがその表れ方は全く異なっているのが分かります。

社交不安障害と言っても、その背景には一人ひとり違った境遇があるため、発症のきっかけとなるものも様々なのです。

その中でもいじめや虐待など人間関係に対するトラウマが根底にある場合は、社交不安障害の症状を一層強めてしまうものになってしまい、恋愛そのものに関係しても悪影響を及ぼしてしまうと言えます。

もちろん社交不安障害が発症したきっかけの全てに人間関係によるトラウマがあるわけではないですが、環境的要因という側面から考えればトラウマという要素は見過ごすことはできないでしょう。

社交不安障害に限らず何かしらの病気を抱えながらも恋人がいたり、結婚していたりする方も数多く存在します。

ただ何も病を抱えていない人と比べれば、社交不安障害を患っているという事実は恋愛をするにしても結婚をするにしても苦労しやすいでしょう。

それに現在、恋人関係にあったり結婚していたりしても、本当にその関係を今後も継続していきたいと思っているかというとそうではないこともあると思います。

社交不安障害ゆえに相手に不満を持っていても新しい人との関係を築くことに恐怖を感じてしまい、仕方なく今の関係にとどまっているケースがあるからです。

社交不安障害の根底には「相手から否定的な評価を受けてしまう」、「目の前の人から拒絶されてしまう」、「他者に迷惑をかけてしまう」といった強い思いがあります。それゆえ人が集まる場所を避けたり、人と接する機会を拒否したりする回避行動を取ってしまうのです。

ただ社交不安障害の程度にもよりますが、回避行動を取らず人と出会う機会を増やすことで恋愛はぐっとしやすくなるのは紛れもない事実でしょう。

もちろん何も障害を抱えておらず独身を謳歌している人もいるので、恋愛をして結婚したいかどうかはその人自身の考えによるものが大きいです。もし恋愛の妨げになっている背景に社交不安障害が関わっているのならば、社交不安障害の症状を改善し克服することに大きな意味を持つのではないかと思います。

社交不安障害を抱える人の多くは心の底で「相手を傷つけたくない」、「相手と良い信頼関係を築きたい」という気持ちがあり、人一倍、相手のことを意識し「好かれたい」と思っているはずです。また周囲の人が社交不安障害の人を「人嫌い」や「わがまま」という誤った見方をすることもありますが、全くもって反対であり、不安を感じてしまうのは誰よりも人を思っているゆえの表れなのです。

当事者の間でもいろいろな思いがあるかもしれませんが、社交不安障害だから恋愛をしてはいけないということはないので、自由な恋愛をしてほしいと思います。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP