不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 社交不安障害
  3. 社交不安障害の根底にある3つの考え方とは!?

社交不安障害の根底にある3つの考え方とは!?

社交不安障害とは人前に立って何か話したり、誰かと一緒に食事をしたり、人と他愛のない会話をしたり、日常生活の中で人と接する場面において恐怖を感じたりする心の病気です。

人前でのスピーチや初対面の人との会話というものは誰しもが緊張するものだと思います。

しかし社交不安障害の場合は緊張の度合いが普通の人と比べて高く、それゆえ動悸や発汗、吐き気や息苦しさなどの身体症状が表れ、その苦しさゆえ、そのような場面を避けてしまいます。

結果的には対人関係をうまく構築できず、集団から離れ孤立していき、日常生活をまともに送ることができないケースもあります。

ではどうして、人と交流する機会で身体症状が表れてしまうのか。その時、社交不安障害を持つ人はどういう考え方をしているのか、その根底にあるものを見ていきましょう。

社交不安障害の根底にある考え方

i42

社交不安障害の原因はいくつか考えられていて、当事者の元々の気質、育ってきた環境、心に深く突き刺さるような嫌な経験などが知られています。

その中でも当事者の気質をベースにした物事の考え方や捉え方というのが、大きな要因になっていることが多いと言われています。

ここでは主に、3つの考え方について見ていきます。

他人から悪く思われるのではないか

1つ目は、他人から悪く思われるのではないかという考え方です。

例えば、視線恐怖を抱いてしまった要因に、当事者本人の目つきが怖いというケースがあります。

目つきが怖いことで他者に対して怖い思いをさせたり、不快な気持ちにさせたりしているのではという気持ちになってしまうのです。

その結果、他人から悪く思われているのではないかという考え方に陥ってしまいます。

また、考え方によっては自分の存在自体が相手を傷つけているのではという捉え方をしてしまい、他人と接する機会を自ら遠ざけ、ひきこもりに繋がることもあります。

他人を傷つけたくないという当事者の優しさが、自分の容姿が原因となって、対人関係を上手に築くことが出来ないこともあるのです。

他人に対して申し訳ない

2つ目は、他人に対して申し訳ないという考え方です。

人間はどんなに優秀な人であっても、ひとりで生きることは出来ません。必ず誰かを頼って生きています。

しかし根底にある他人に対して申し訳ないという気持ちが強く働いてしまうと、何をするにしても人に頼るのが難しくなります。

また同様に人に頼るのが難しくなると、分からないことを聞くことさえも難しくなってしまいます。

何でも知っているという超人的な頭脳の持ち主はいません。知らないことを聞ける人と聞けない人というのは、その後の行動にも大きく差が生まれてきます。

例えばですが、仕事の進め方が分からない時、分からないからといって自分勝手に進めてしまうと、その進め方が問題になって後々上司や先輩に叱られてしまうことがあります。また、分からないからといって何もしないでいると、それもまた叱られる対象になってしまいます。

人に頼ることが難しいからこそ誤解を招いてしまうことに繋がってくるのですが、やはり根底にあるものを理解してもらうことが出来ずに叱られるのは本人としても辛いものがあります。

結果的に言えば、何をするにしても人に対して申し訳ない気持ちが表れてしまうことで、まわりまわって自分自身を傷つけてしまう可能性があり、だからこそ余計に人と接することを避けてしまうこともあるのです。

常に完璧でなければいけない

最後は、常に完璧でなければいけないという考え方です。いわゆる完璧主義というものです。

どうしても完璧主義の人というのは、物事を完璧にやり通したいという思いが強く表れてしまい、他の人から見れば失敗や間違いと言い切れないことであっても、本人は失敗や間違いという形で判断してしまい、そのことで頭を抱えてしまうことがあります。

また完璧主義の人に見られる、白黒思考、全か無か思考の考え方は、物事を0か100かのどちらかで判断してしまうため、成功体験をいつまでも経験することなく、自己肯定感が低い人生になってしまいます。

さらに完璧主義でいると、常に物事を完璧にやり遂げなければいけないというプレッシャーに陥ってしまい、緊張しやすくなってしまいます。その結果、失敗もしやすくなるので、それこそ完璧主義の人には許せないことになるのです。

今回、社交不安障害の根底にある考え方として、他人から悪く思われるのではないか、他人に対して申し訳ない、常に完璧でなければいけないという3つの考え方を挙げました。

社交不安障害で苦しんでいる人の多くは、このような考え方に囚われていることが多いです。

これまでの考え方をガラリと変えることは、短時間でどうこうなるものではなく、またその考え方に囚われないように、自分で自分をコントロールしていかなければいけません。

自分で自分をコントロールできるようになるまでは、もちろん長い時間を要しますし、その過程で自分中にいるもう一人の自分との戦いがあると思います。

しかしながら、もし社交不安障害の根底にある考え方が変わってくるのならば、それに応じて行動も変わってくることは明らかです。

そのためにも自分自身と向き合うこと、そして自分を客観視したり俯瞰したりして、自分はどういう人間なのかを今一度知ることが必要かもしれません。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP