不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。

不安障害ラボ

不安障害に関する症状や原因、治療法などについて、その当事者や家族、また不安障害を知らない人に向けての正しい理解を目指した特化サイトです。
>>当サイトの詳しい説明はコチラ

  1. TOP
  2. 社交不安障害
  3. 社交不安障害と仕事について

社交不安障害と仕事について

社交不安障害というのは人と接するような機会や場所において極めて強い恐怖や不安を感じてしまい、日常生活や社会参加に支障をきたしてしまう心の病です。

根底には「他人に不快な思いをさせるのではないか」、「自分が恥をかいて恥ずかしい思いをしてしまうのではないか」という思考、そしてその思考と結びついて様々な身体症状が表れてしまうことによって、特に社交場面や対人場面がひとつの恐怖体験となり予期不安や回避行動につながっていきます。

予期不安や回避行動が背景にあるので、仕事に就く前の段階で大きな壁を感じ立ち往生している人も多いと思います。

ただ症状の程度は人それぞれなので、なかには社交不安障害を抱えながらも生活のために仕事を頑張っている方や生活に対する重篤度が軽いということで条件付きで働いている方もいらっしゃいます。

しかし現在なんとか働いている人であっても置かれている状況が変わってしまうことで、社交不安障害の症状がどんどん悪化してしまう危険性はあるでしょう。

社交不安障害の人は人一倍責任感が強く、そして罪悪感や申し訳なさを抱きやすいので、身体を壊してまで無理を続けてしまうことも多いです。

今回は、社交不安障害と仕事をテーマに、「社交不安障害を抱える人がどういった仕事に就けばいいのか」などを色々な視点から考えていきたいと思います。

仕事に支障をきたす社交不安障害

社会に出ることによって真っ先に求められるのがコミュニケーション能力だと思います。

少々古いデータではありますが、2004年に厚生労働省が企業に対して実施した『若年者の就職能力に関する実態調査』において、採用時に重視する能力として第一位に挙げたのがコミュニケーション能力でした。

そして時代を経ても、仕事を円滑に進めるために必要な能力であるコミュニケーションが求められるのは変わらないと言えるでしょう。

ところがそのコミュニケーション能力を低めてしまう背景に、社交不安障害に該当する恐怖が存在していることは紛れもない事実です。

例えば、相手の視線が怖かったり、自分の視線が相手に不快を与えているかもしれないと思う視線恐怖、誰かと一緒に食事をすることに恐怖を感じる会食恐怖といったものなどは、まさにコミュニケーション能力を著しく低めてしまっている可能性があります。

仕事に就く為には面接という通過儀礼があります。故にどんなに学力が高くても、秀でた才能があっても面接で企業が求める人材と判断されなければ採用に至りません。

インターネットのコミュニティーサイトである教えて!gooにこのような質問がありました。

皆さんの励ましを頼りに、勇気を振り絞って今日の午前にバイトの面接に臨んでみたのですが、どうしても恐怖が湧いてきて、面接の途中で吐き気に襲われました。
「すいません、ちょっとお手洗いを貸してください」と言いかけた時に先方がいる前で吐いてしまいました。「本当に申し訳ありません」とひたすら謝ったのですが、結果は当然、不採用でした。
少しでも社会復帰をしようとしているのに、いつも吐き気や過呼吸、下痢に見舞われてしまう・・・こんな私はダメ人間なのでしょうか?

出典:教えて!goo 「バイトの面接で吐いてしまいました。」https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5016256.html

面接になると恐怖感を抱いてしまい、吐き気や過呼吸などの症状に襲われてしまうという悩みですが、過去に私も似たような経験をしており、その後ひきこもってしまった人間なので、この方の気持ちはすごく共感できます。

この質問の方は以前の投稿によると障害者年金を受給しており、そのお金で自動車免許を取ったり図書館でボランティア活動したりと、自分の出来る範囲のことを前向きに頑張っているので面接さえ乗り越えればという段階なのかなと思います。

いずれにしても面接の雰囲気、一対一で向かい合って話さなければいけない状況など、対人場面において恐怖や不安を抱える人には耐えがたいものがあります。

また仕事の内容によっては社交不安障害が悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

例えば電話の応対がその代表的な例です。電話をしている姿を誰かに見られるのが怖い、電話のやり取りで相手に迷惑をかけてしまうのが不安といった感情がつきまとうことで、連絡が後手後手になってしまい仕事の遂行に支障をきたしてしまいます。

さらにパフォーマンス恐怖といったものを持っている場合では、人前での挨拶やスピーチを求められたりすることに対して恐怖や不安を感じてしまうため、能力はあっても仕事の評価を下げてしまうことがあります。

このような恐怖があることによって、やりたい仕事があるにも関わらず回避行動に走ってしまい、せっかく仕事に就いても早々に辞めてしまうこともあります。

社交不安障害を抱える人の働き方

働きたいのに不安や恐怖感情が自動的に思い浮かんで行動に移せない。けれども周囲からは「単なる甘え」として見なされてしまい、口うるさく働きなさいと言われている。

このような自分の中にある思いと周囲の意見との間で板挟み状態になっているケースが非常に多いと思います。

ところで働くといってもその働き方は多岐にわたり、会社に勤める人、家業を継ぐ人、どこにも所属しないでフリーランスとして働く人など様々ですし、雇用形態もまた正社員や常勤といった正規雇用からパートにアルバイト、非常勤といった非正規雇用があります。

ただ多くの人が思い浮かぶであろう働き方というのは、どこかの会社や団体組織に勤めて正規雇用で働くということなのではないかと思います。

しかし、繰り返しになりますが社交不安障害を抱えていると仕事に就く前の段階で非常に苦労しますし、仕事に就いてからも仕事内容そのもので精神的に疲れてしまうケースが多いです。

もしどこかの会社や組織に就職を目指すということであれば、社交不安障害の症状を悪化させないような仕事選びが求められるでしょう。

また自分の中で出来そうな仕事であっても、フルタイムというよりは時短で働いたり、あるいは転勤がある仕事ではなくエリア社員といった特定の地域限定で働いたり、時間や環境を調節する必要性は高いと言えるでしょう。

ところで何かしらの障害を抱えている人のために障害者手帳というものがあります。そして手帳があることで障害者雇用枠を利用して就労することが可能になります。

2016年4月に改正障害者雇用促進法が施行されました。この促進法により障害者に対する不当な差別が禁止になり、障害者だからといって低賃金や昇給させないなどの差別的な行為はしてはいけないことになりました。また採用においても精神障害者だからといって、それだけを理由に採用を拒否することをしてはいけないことになりました。

ただし、社交不安障害の症状だけでは精神障害者と認められていないケースが大半なので、障害者手帳を確保することができないかもしれません。

社交不安障害は不安障害に属する精神疾患のひとつで、ここに属する精神疾患は適切な治療介入があれば、一般的には症状が完治したり、かなり改善したりすることが分かっています。いわゆる、グレーゾーンにいる状態と言っても過言ではないでしょう。

グレーゾーンにいる人たちの就労というのは、精神疾患のことを隠して行うかそれとも隠さず行うのか、悩ましい部分があります。もしオープンで行うのであれば障害者の就労支援に詳しい企業が持つ情報を参考にするのもいいのかもしれません。

ご存知の方も多いと思いますが、LITALICOワークスは障害者向けの就労支援企業として有名です。こういった企業が提供している情報を活用するのも悪くないでしょう。

社交不安障害を抱える人に向いている仕事

社交不安障害を抱える人は他の人の視線や言動が気になったり、他人から評価されることが嫌だったりするので、人と一緒に何かをするということよりも一人で黙々と仕事ができることの方がやりやすいと思います。

そのような条件を考えると、WEB関係の仕事全般、ハンドメイド作家、小説家、漫画家、工場でのライン作業、スーパーの品出し、トイレやビルの清掃業などの仕事が候補として挙げられます。

また近年、大手企業がリモートワーク(在宅勤務)での働き方を推奨する動きを見せています。この背景には女性の社会進出の増加と出産後の育児と仕事の両立ということが目的としてありますが、そのような理由以外にもオフィスで働くことができない人にとって好都合と言える働き方です。

しかし大手企業に所属しているということではなく、フリーランスとして在宅勤務したいということであれば、個人的に仕事を請け負わなければいけません。

今の時代、未経験でもネットを利用して不特定多数の人に仕事を依頼するサービスであるクラウドソーシングを活用すれば、実際に人と会わずに仕事を請け負い、その成果に対して報酬を得ることが可能です。

もちろん自分のスキルを高める努力、自分に適した仕事内容にめぐり合う運も必要ではありますが、ネット環境が整っていれば、やり方次第で在宅であっても外で働いている人と同等、あるいはそれ以上の金額を稼ぐことも可能です。

ただ実際のところはどうなんだろうと不安もあると思います。仕事内容だったり仕事の流れだったり、そういった部分でハードルを高めてしまっていることもあると思います。

なので一度、クラウドソーシングそのものを知ってみるといいと思います。日本においてはランサーズクラウドワークスが圧倒的に有名ですが、最近では、テレビCMを利用して知名度を上げているココナラというサイトも登場してきています。

余談ではありますが、当サイトの管理人のアイコンはココナラを通じて描いていただきました。依頼する側も受ける側も気持ちよく取引できました。

社交不安障害を抱える人の葛藤

人の視線や言動に対して過剰に反応してしまい、「否定的な評価に対する恐れが強い」というのが社交不安障害の大きな特徴です。

しかし社交不安障害というのは程度や範囲が人によって様々であり、「社交不安障害だから○○である」という断定ができない部分があります。

そのため一緒くたに考えてしまうと誤った理解が進んでしまいます。

社交不安障害の特徴として否定的な評価に対する恐れが強いことを挙げましたが、このように思ってしまう背景に「本当は人づきあいが好きだから」という理由があります。

人が好きで人に嫌われたくないから否定的な評価に対する恐れを招いてしまっています。

このような考えが強い場合には、むしろ一人で黙々とやるよりも、理解ある人たちと一緒に和気あいあいと仕事をする方が自分らしさを出しやすくなります。

矛盾しているように思えるかもしれませんが、実際に社交不安障害を患いつつ、恐怖や不安を耐え忍びながらも、あえて人と接するような対人関係が求められる仕事を選択する人もいます。

ただ他の人からの視線に対する恐怖であったり、人と一緒に食事をしなければいけない恐怖であったり、そのような恐怖が強すぎるあまり身体症状が表れてしまうと、ますます社交不安障害を悪化させたり、改善する機会を失ってしまうことになりかねません。

当事者の心の中には常に葛藤があり、「この症状が表れなければどれだけ楽なのだろう」と思うのです。

思いつめず小休止を

なかなか仕事が決まらないことで、不安がさらなる不安を招いてしまうことがあります。

そのような時は無理をせず、「今の自分ができることは何か」を探すことが大切です。

例えば、文章を書く時間と気力があれば、ブログやSNSを通じて自分が抱えている不安な気持ちを誰かに投げかけるのもよし、毎日同じ空間や場所で過ごしているなら、気晴らしにいつもとは違う場所に行ってみるのもよし、何か今までとは違う行動をとってみることで開けてくるものがあると思います。

今の時代、TwitterやInstagramなどがあるので、そういったものを見ながら「これやってみたい」、「ここに行ってみたい」と思うことでひとつのモチベーションに繋がってくるでしょう。

さらに言えば、小休止している期間で得た体験やスキルが将来仕事に繋がっていくことも十分にあります。

向いている仕事の候補として挙げたハンドメイド作家ですが、最初は趣味程度の作品だったものが、作品を発表し続けることで反響を呼び、その作品で生活できるようになることも現実にはあります。

販売ルートもネット上に存在しているので、時代の流れを上手に活用すれば一店一店営業しなくて自分の作品を販売することができます。

比較的認知度のあるハンドメイドマーケットとして、minneココナラハンドメイドといったところが挙げられます。この他にもフリマアプリを活用して自作の作品を売っている人も多くいらっしゃいます。

興味はあるけれどハンドメイドのスキルが無いという方はYouTubeで作り方を検索してみるのもいいですし、自宅で受けられる手芸・クラフト、ジェルネイル専門の通信講座として日本パーツビューティーアカデミーなども存在しています。

自分の可能性を小さくするのではなく、興味があることを中心に、そこから何かしらのきっかけが生まれるかもしれません。

社交不安障害の背景には過剰なまでの否定的な評価に対する恐れが存在しています。その感情が強まってしまうことで吐き気や呼吸困難、心拍数の増加などの身体症状が表れてしまい、「辛い症状に見舞われたくない」という気持ちから回避行動に繋がっていきます。

結果、回避行動が続いてしまうことで当事者はひきこもり状態になってしまい、ますます否定的な評価に対する恐れを強化してしまうこともあります。

今回、社交不安障害を抱える人がどういった仕事に就いたらいいのかということに関して色々な可能性を考えてみました。

社交不安障害は人と関わることに対して恐怖を感じてしまうため、人の視線を気にせず黙々と働ける仕事がいいのではないか、否定的な評価の恐れの背景に本当は「人が好き」という気持ちが関わっているので、理解ある人たちと一緒に和気あいあいと仕事をするのがいいのではないかなど、必ずしも「社交不安障害だから○○の仕事がいい」と決めつけることはできないでしょう。

社交不安障害を患ってしまうことで、「やりたい仕事に就けないでいる」、「資格を取っても生かせずにいる」、「能力があるにも関わらず不遇な日常を送っている」など、悪影響を及ぼしている事例は数多く存在しています。

また自分を責め続けて、自己評価を著しく低下させてしまっている現状もあります。著しく低下させてしまっている要因には、本人の「認知の歪み」が関係しているのもあり、何かひとつでも自信を感じられることに出会えることで、状況が変わってくると思います。

そして自分がどういう環境だったら働けるのか、どういった働き方が適しているのかをよく考えて、その考えを理解ある方と一緒に共有することで道が開けてくることが往々にしてあります。

全国には自立や就労に悩む若者に対して、社会的自立に向けた支援を行う機関であるサポートステーションジョブカフェがあります。

そういったところで相談してみるのもいいですし、SNSを通じて同じ悩みを抱えている者同士、相談し合うのもいいと思います。

社交不安障害を抱えているとなかなか相談に踏み切れないこともありますが、もし信頼できる人が身近にいるのならば、ひとりで抱え込まず相談してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールの詳細はコチラ

当サイトの説明はコチラ

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

PAGE TOP