不安障害を主なテーマに、その症状や原因、治療法などについて、当事者や家族だけではなく、不安障害そのものを知らない人に向けて正しい認識や理解を目指して情報を発信しています。

  1. 不安障害ラボ
  2. 生活全般
  3. 支援者が知っておきたいバイスティックの7原則について

支援者が知っておきたいバイスティックの7原則について

家族や友人が心の病気を患っている時、「どのように接したらいいのか分からない」という声をよく聞きます。

本人の症状が改善する過程で、周囲の協力というのは非常に重要で、協力があるかないかは改善速度に大きな影響を与えます。

ではどのように接したらいいのでしょうか。

もちろん各々の症状で接し方というのが異なってきますが、ベースとなる接し方については共通するものがあります。

そこで今回は、アメリカのケースワーカーで社会福祉学者のFelix Paul Biestekが提唱した「バイスティックの7原則」を紹介したいと思います。

バイスティックの7原則について

バイスティックの7原則は、1957年に出版されたFelix Paul Biestekの著書『ケースワークの原則』の中で記された、援助が必要な人に関わる際の重要なポイントをまとめたもので、今日においては、相談援助職や対人援助職に携わる人への模範的な行動や態度を示す手引きとして有名です。

援助するほうも人、援助されるほうも人だからこそ、些細なやりとりの中で様々な感情が沸き起こり、時には怒りを感じたり、呆れたりすることもあります。

しかしその結果、不適切な対応によって相手を傷つけたり悲しませたりして険悪なムードになってしまうと、そこから関係を修復するというのは簡単なことではありません。

時間が解決することもありますが、それでも長引いてしまうことが多々あり、長引くようであれば援助する側、される側双方にとって無意味な時間となってしまいます。

そうならないためにも、適切な行動規範としてバイスティックの7原則が大いに役に立つのです。

またこの原則は援助職だけに限った話ではなく、日常生活における人間対人間の基本的なやりとりでも活用することができます。

ではどのような内容なのか、詳しく見ていきたいと思います。

個別化

相手が抱える問題や悩みというのは、たとえ似たような事例があったとしても、その問題自体はその人のものであり、他の問題と同じ扱いをしてはいけないというものです。

そのため相手の抱える問題に対して、こちら側の先入観で原因を勝手に決め付けたり、あるいは他の問題と同様の解決策をとったりすることはNGということです。

人それぞれ育ってきた環境が違うため、身につけている価値観や生活スタイルなどは大きく異なります。

だからこそ、同一化ではなく個別化した対応が求められるのです。

意図的な感情表出

相手が言いたいことや感じている気持ちをありのまま表現できるように、相手の感情表現を尊重するというものです。

抱いている気持ちを表現することで、自らを取り巻いている状況を把握しやすくなる目的もあります。

皆さんも経験があると思いますが、相手が聞く耳を持っていない時というのは何を言っても無駄で、自分の言いたいことを内に閉じ込めてしまいます。

ですが、それではいつまで経っても相手がどうしてほしいのか分からなくなってしまい、適切な支援が遠のいてしまいます。

相手のありのままの気持ちにはネガティブな感情とポジティブな感情があります。聞き手となる側にしてみれば、ポジティブな感情は受け入れやすいものの、ネガティブな感情は受け入れにくい部分もあり辛い気持ちになってしまうこともありますが、その場合は相手との距離感を一定に図るよう心掛ける必要があります。

また場合によっては一人では手に負えないこともあると思いますが、そのような時は、できる限り他の人の力を借りることが重要になります。

統制された情緒的関与

相手の気持ちにはポジティブなものもあればネガティブなものもあり、感情移入しすぎると相手の感情に呑み込まれてしまう可能性があります。

それゆえ自分の感情を上手にコントロールしなければいけません。

親身になって相談を受けたり接したりすることは大切なことですが、自らの感情を見失ってしまい、本来の目的が果たせなくなってしまっては意味がありません。

自分自身の平常心は保てているのか、相手に対して過度に感情移入していないか、感情が邪魔をして安易に判断を下していないか、といったことを確認していく必要があります。

受容

誰しもが自分の内面について容易に自己開示できるわけではありません。ましてや相手が否定すると分かっていたら尚更です。

そのため、相手の言い分を否定せず、まずは受け入れることが大切です。

相手の考え方は、その人がこれまで歩んできた人生で身につけたものであり、モノゴトの捉え方や考え方を否定することは、言うなればその人自身の人生そのものを否定することに繋がってしまいます。

相談を受ける際も、上から目線で接しては功を奏しません。否定せず、受容する態度で接することが大切です。

非審判的な態度

相手が抱えている悩みに対して、その内容に客観的に見て間違った行動や行為が含まれていても、それについて非難してはいけないというものです。

ついつい口を出したくなるようなことであっても、モノゴトの善し悪しを決めるのは相手側にあります。

支える側はあくまでも補佐的な役であって、自転車で言うならば補助輪のような働きで目的地までサポートするのが役目です。

時には目的地に到着するまで道を間違えてしまうこともあるでしょう。しかし間違えた道の過程で学ぶこともたくさんあります。

たとえ間違ったことをしていても、裁きを下すような審判的な態度で接してはならず、相手に気づきを与えるような態度で接することが大切です。

自己決定

相手が抱えている問題や悩みを解決できるのは相手自身だけであり、問題解決の主導権を持っているのは相手であるというものです。

また自ら行動を選択し決定するというのは、この先起こるかもしれない問題に対して自分で対処していく原動力にもなるため、支える側が相手の意思を無視して、あれこれ決めるのは好ましくありません。

もちろん場合によっては、相手自身だけでは決めることができない事情もあると思います。そのような状態の時は、支援する側が「これをしなさい」と命令するのではなく、いくつかの選択肢を提示して相手に選んでもらうように配慮することが求められます。

秘密保持

相談によって知り得た情報に対して、むやみに第三者に公表してはいけないというものです。

相談したのは少なからず支援者を信用したからであり、勝手に第三者に内容をばらしてしまうと、一切信用されなくなってしまう危険があります。

また漏れた情報次第では、相手にとって不利に働いてしまうこともあるため、情報は慎重に扱わなければいけません。

バイスティックの7原則は、基本的には相談援助職や対人援助職に携わる人への模範的な行動や態度を示す手引きとして利用されますが、身近に心の病気を抱えている人がいて、その家族や友人が、その人に対してどのように接したらいいのか分からない時には、大いに参考になるのではないかと思います。

特に、原則にあった「意図的な感情表出」、「受容」、「非審判的な態度」は、相手に寄り添う際には抑えておきたいポイントだと思います。

また「統制された情緒的関与」は、支える側、支えてもらう側の双方が共倒れしないために気をつけておきたいポイントと言えます。

私たちは普段、意識していないと、相手をカテゴライズして、相手の善し悪しを自分勝手に判断し、共感ではなく否定的な目で見てしまうことがあります。

ましてや心の病気がある人を目の前にした時には、そういった態度をあらわにしやすいのではないかと思います。

その戒めとして、Felix Paul Biestekが提唱した「バイスティックの7原則」が役に立ちます。

そしてもし支援するような機会が来たときには、この原則を思い出して、適切な対応を心掛けてほしいと思います。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールについて

当サイトについて

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

スポンサードリンク

PAGE TOP