不安障害を主なテーマに、その症状や原因、治療法などについて、当事者や家族だけではなく、不安障害そのものを知らない人に向けて正しい認識や理解を目指して情報を発信しています。

  1. 不安障害ラボ
  2. 社交不安障害
  3. 会食恐怖の原因、症状、治療法のあれこれ

会食恐怖の原因、症状、治療法のあれこれ

誰かと一緒に食事をするのが辛い、人前でご飯を食べることが怖い、このような意識を抱えながら生活している人たちがいます。

日常的に当たり前のようにご飯を食べたり、あるいは外食を楽しんだりしている人から見れば少し不思議な光景に映るのではないかと思いますが、このような症状は社交不安障害の症状のひとつである会食恐怖の可能性があります。

今回は会食恐怖をテーマに、どういった症状が会食恐怖なのか、またその原因や治療法などについても見ていきたいと思います。

会食恐怖とは何か

そもそも会食恐怖についてですが、読んで字のごとく会食に対して恐怖を感じてしまうものです。

レストランやカフェなどの外食先で食事姿を誰かに見られること、あるいは「料理を残してはいけない」という思考から人前で食事をする際に食べ物が喉を通らなかったり、緊張や不安から箸やフォークが震え食事が困難になったりして、日常生活や社会参加に悪影響を及ぼすことがある厄介な存在です。

会食恐怖は日常生活や社会参加を妨げている状態でもあるので、食事に関連して、その妨げとなっている症状を会食恐怖と言ってもいいのですが、症状自体は色々あり多岐に渡ります。

会食恐怖を自覚している人の多くは以下のような症状が表れることを訴えています。もしあてはまるようであれば可能性として高いと言えるでしょう。

  • レストランやカフェなどの公共スペースでの食事の機会に強い恐怖を感じる
  • 周りの人やその場の雰囲気が気になって食事ができない
  • 目の前に食事が運ばれてきた瞬間に「残さず食べなければいけない」という思考に陥る
  • 過度の緊張から「気を失って帰れなくなるのではないか」という不安に駆られる
  • 食事中に「吐くのではないか」、「腹痛になるのではないか」という強迫的な観念に襲われる
  • 箸やフォークを持つ手が震える
  • 会食を考えるだけで急な吐き気や下腹部の不快感、胃がムカムカする

食事が取れなくなってしまうというと摂食障害が思い浮かぶと思いますが、会食恐怖の場合、食べるという行為の他に、その食事の場を回避してしまう行動が付随しています。確かに症状としては似たようなものもあるかもしれませんが、少し違うタイプのものとして考えたほうが適切な治療に結びつくのではないかと思います。

ところで、会食恐怖を抱えている人の中には、レストランやカフェなどの外食先で人と一緒にご飯を食べることは難しいけれど、「一人なら大丈夫」というケースもあれば、落ち着けるような自分の家であっても家族も含め自分以外の人と一緒に食事することが難しいというケースもあります。

様々なケースが確認されていますが、この背景には自動思考や認知の歪みなどの違いによって起こります。

そのため会食恐怖にはいくつかのパターンがあり、場合によっては社交不安障害としての会食恐怖ではない場合もあります。どのようなパターンがあるのかについては、以下のページでまとめていますので参照してください。

なお、これ以降は社交不安障害として考えられる会食恐怖について見ていきたいと思います。

会食恐怖は人生の質の低下をもたらす

i7

会食恐怖を抱えてしまうと、食事を求められる場面では通常以上の苦痛を強いられてしまいます。

会食恐怖は社交不安障害のひとつでもあるため、その発症年齢はおおむね思春期と一致することがあり、中学校や高校の思い出のひとつとして残る修学旅行などは、会食恐怖を抱える人にとっては悩みのタネになってしまいます。

当然のことながらクラスメイトと一緒に食事を強いられたり、外食せざるを得ない状況にあったりするので、当事者にとっては修学旅行自体楽しめなかったり、思い出したくない記憶となってしまう傾向にあります。

さらに会食恐怖というのは一時的なものではなく、適切な治療がなければ長期間に渡ることもあります。そうなってしまえば、社会に出た時に歓送迎会、忘年会、新年会などの会食の機会に対して非常に苦労してします。

何かしらの理由をつけて出ないという選択肢もありますが、自分の立場によっては出なければいけないこともあるでしょう。

さらに会食恐怖を持っている人の何よりも辛いこと、それは大好きな人との外食が出来ないということではないかと思います。

彼氏あるいは彼女と外食をしたくても不安や緊張から食事が喉を通らない、箸やフォークを持つ手が震えて口に運べない、心の底から食事を楽しめないから気まずい雰囲気になってしまう、こうした状況から次第にデートや旅行さえも消極的になってしまいます。

理解ある彼氏や彼女であっても、将来的に結婚という流れになれば、相手の両親や親戚との付き合い、子どもへの影響など色々なところに問題が広がっていきます。

周囲はそんなことと軽く考えてしまいますが、当事者にとっては人生を台無しにするかもしれない厄介な存在なだけに、何とかして治したいと思っているのです。

会食恐怖の原因

会食恐怖は社交不安障害に見られる症状のひとつです。

社交不安障害については直接的な原因は未だ知られていません。同様に会食恐怖についても、原因は断定できていません。

しかし会食恐怖が社交不安障害の症状として考えられることから、発症のリスクを高める因子として、生まれつき不安や恐怖を感じやすい気質、生まれ育った環境やこれまで生きてきた中でのネガティブ体験、文化的な背景などが考えられます。

その中でも割合的に多い要因としては環境的なもの、そしてネガティブ体験が強く影響しています。

例えば、よく挙げられるものとして学校の給食というのがあります。

担任の先生によっては給食を残すことを良しとせず、全部食べるまで居残りさせたり、食べるのが遅いという理由で叱られたり、嫌いなものを無理やり食べさせられたり、給食の時間が辛かった人もいるかと思います。

最近では、食物アレルギーが当たり前になってきていることもあり、給食で無理に食べさせるということはあまりないと思いますが、それでも給食は残してはいけないものと教えられ、それに正直に従ってきた人ほど食べ物を残すことに罪悪感を覚えてしまう傾向にあり、結果的に自分自身にプレッシャーを与え、食事の機会自体がネガティブ体験になってしまっているケースがあります。

「食事は残してはいけない」という一種の強迫的な考えに囚われて、さらに不安や緊張からプレッシャーで吐き気を催してしまい、吐きやすい体質の人は実際にその場で吐いてしまうことで、食事=嫌な出来事といった形で誤った条件付けにより会食恐怖を抱いてしまいます。

また他にも、両親が共働きで食事はいつも一人、このような家庭環境で育った人が初めて家族以外の人と一緒に食事をした時に、自分の食べ方が汚いと感じたり、あるいは食事のマナーを指摘されたりすることで、食事する姿を誰かに見られたくないという思いが芽生え、それ以来、自分の食べ方を過度に気にしすぎて食事が辛くなってしまうケースもあります。

そのような体験を経て、「食事を残すことに対する申し訳なさ」、「食事姿が変に思われてしまうのではないかという心配」、「楽しい雰囲気を自分が壊してしまうかもしれないという自責感」などにより会食機会を回避するようになってしまい、症状をより一層強めていると考えられます。

もちろんネガティブな体験があったとしても会食恐怖にならない人もいます。環境的な要因に加えて、その人自身の気質も大きく関係しており、ひとつの要因が直接症状を引き起こすのではなく、様々な要因が相互作用しあって症状を引き起こしていると言えるでしょう。

また社交不安障害は、親や兄弟が社交不安障害を患っていた場合、その発症リスクが倍以上になることが知られています。

さらに社交不安障害には会食恐怖以外の症状もあります。それ以外の症状が連鎖的に会食恐怖を導いたり、その反対も然りで、発症のきっかけが多岐に渡ることをおさえておく必要があります。

会食恐怖の改善法・克服法について

会食恐怖を持っている人なら、「この恐怖がなければどれほど人生が楽しいことか」と思ったことがあると思います。

また人間が持っている欲求のひとつである食欲が、会食という場面においては著しく失われてしまい、食べ物を受け付けない状態になってしまうことは人間の姿とはかけ離れています。できることなら正常な状態に戻したいです。

会食恐怖は社交不安障害のひとつなので、治療方針としても社交不安障害の治療ガイドラインに則った方法が望まれます。

選択肢としては、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といった抗うつ薬、三環系抗うつ薬、抗不安薬などのお薬を使って会食恐怖を改善しようとするお薬を利用した治療、そして、認知行動療法や曝露療法などのお薬ではなく心理療法を活用した治療が挙げられます。

認知行動療法というのは、<認知>というものに焦点を当てて、不都合な考え方やモノの捉え方を修正する訓練をして不安や恐怖を軽減する方法です。

曝露療法というのは、最近では認知行動療法のプログラムとして含まれていることも多いですが、不安となっている場面や機会を回避するのではなく、あえて実際にレストランやカフェに行って、自分の不安や恐怖を客観ししてその状況を自分の中で理解し受け入れることで、徐々に不安や恐怖に対する免疫力や許容力を身につけるという方法です。

どの治療法にも一長一短あり、また当事者一人ひとりの背景が違うため、適宜治療を組み合わせてオーダーメイドのような治療がベストになると思います。

とにかく会食恐怖の場合、症状が良くなっていることを把握するうえでも、会食の機会や状況を回避しないことが求められるので、いずれのやり方にしても、まずは食事の場に行けることがスタートラインとなるでしょう。

会食恐怖の根底には「食事姿を誰かに見られるのが恥ずかしい」、「食事を残したら申し訳ない」といった気持ちがあります。

その気持ちが強く表れてしまうことで食事を求められる機会を自ら避けてしまい、そして自分を責めてしまうことで、なおのこと症状を強めていってしまいます。

人が生きる上で食行動というのは欠かせません。食べることが当たり前であるからこそ、会食恐怖に苦しんでいる人の苦しみを周りの人が理解するのは難しいのかもしれません。

しかしながら周りが理解を示してくれると、会食恐怖というのは改善の兆しが見えてくるものだと思います。

会食恐怖を持つ当事者は相談したくても相談できないケースは少なくありません。もし会食恐怖で苦しんでいる人が周りにいたらそっと寄り添ってほしいと思います。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールについて

当サイトについて

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

スポンサードリンク

PAGE TOP