不安障害を主なテーマに、その症状や原因、治療法などについて、当事者や家族だけではなく、不安障害そのものを知らない人に向けて正しい認識や理解を目指して情報を発信しています。

  1. 不安障害ラボ
  2. 社交不安障害
  3. 会食恐怖を防ぐための食育とは!?

会食恐怖を防ぐための食育とは!?

みんなと一緒に揃って食事をしたり、自宅以外の例えばレストランやフードコートで外食したりすることが困難になってしまう会食恐怖ですが、もちろん症状の重篤さ、発症時期の違いから、色々なきっかけや要因があると思います。

数ある要因のなかで、よく挙げられるものとして「学校給食」というのがありますが、昨年も岐阜と富山で、女性教諭による給食の完食指導で複数名の児童が嘔吐した事例、今年に入っても東京都の女性教諭による、男子児童への行き過ぎた完食指導で嘔吐するまで食べさせた事例が明るみになりました。

ただでさえ学校運営、学校教育のあり方については問題が山積しているだけに、こうした教師による給食の完食指導でさらに不安に感じてしまう親御さん、また学校に通う子どもも同じく不安を感じてしまうのではないかと思います。

実際、この文章を書いている私自身も、学校の給食が会食恐怖の症状を助長した形になっており、その後も会食恐怖の症状に悩み苦しんだ人生を歩んできましたので、できることなら自分のような人をこれ以上出してほしくないと常々思っています。

さらに言えば、給食でご飯を残してしまうことで、いじめのきっかけを生んでしまうことも十分に考えられるため、いじめのタネを摘む意味でも健全な給食の時間が求められると思います。

給食については、学校給食法や食育基本法などが土台にあって、その上で成り立っています。つまり給食は食育という観点から言っても大切なものです。

しかし給食がきっかけで会食恐怖に陥ってしまっては食育どころではありません。むしろ食育の本来の役割さえ果たせていない状態と言わざるを得ません。

では会食恐怖に陥らずに食育の役割を果たすにはどうしたらいいのでしょうか。また会食恐怖を未然に防ぐような食育のやり方というのはあるのでしょうか。その点について当事者目線から色々と考えていきたいと思います。

食育とは何か

「食育」という言葉については一度は聞いたことがあると思いますが、食育基本法を見ると、「食」を通じて子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身につけることを目的とし、保護者や教育関係者などの役割、家庭や学校、地域における活動の実践等の規定があります。

つまり、学ぶ場所を問わずに「食」を通じて豊かな人間性や生きる力を身につけることが食育なのです。

毎日口にする食べ物がどのような場所で作られ、どういった過程を経て食卓に並ぶのか、私たちが口にするまでにたくさんの人の手が携わっていることを学校の授業として習った人もいると思いますし、地域社会の中で実践的に学んだ人もいると思います。

こうした学びがまさに食育です。

しかし食育というのは学校だけで全て補えるものではなく家庭での役割も重要です。ところが核家族化が進み、女性の社会進出、低年齢での学校受験など、現代の子どもの食事傾向としては、家族が不在でひとりで食事をする孤食、家族みんなが同じも食べるのではなくそれぞれ自分の好きなものを食べる個食、自分好みの決まった食べ物しか食べない固食などが指摘されています。

こうした食卓では本来の食育が果たせず、子どもの成長過程において、そしてその子どもが大人になった時に色々と悪影響を受けてしまいかねません。

大人になっても好き嫌いが多少なりともある人も多いと思いますが、ものすごい偏食だと食べられる品数が少なかったり、食の不一致から結婚に至らなかったり、生活の面で一苦労してしまいます。

当然、小さい頃から偏った食事を続けていると栄養のバランス面でも問題視されます。体調を崩しやすくなったり身体も疲れやすくなったりするので、できる限り早い段階でバランスの取れた食生活を心掛けていかなければいけません。

そういった意味を考えれば食育の重要性を実感することができますし、また人としての食事のマナー、箸の使い方やお茶碗の持ち方など、一緒に食事している人を不快にさせないためにも、ひとつの嗜みとして身につけておきたいところです。

近年、学校にまつわる問題、また家庭内のトラブルが各方面から報告されており、食育に重きをおいた指導というのはたやすいことではないと思います。しかしそれでも食というのは人間が生きていくうえで必要な営みであり無視できるものではありません。

ましてや今回のテーマでもある会食恐怖という視点から食育を考えるとなると、さらなる難しさをはらんでいる可能性も十分にあるでしょう。

ただ、一人ひとりが輝く時代とも言われている現代、より一人ひとりに適した食育を追求していく必要があるのではないかと思います。

会食恐怖を防ぐための3つの食育のポイント

当事者目線、経験者目線で会食恐怖を防ぐための3つの食育のポイントを挙げたいと思います。

一人ひとり違うことを認識した食育

今でこそ食物アレルギーに対する理解や認識が広まっていることもあり、食物アレルギーを持っている子どもに配慮した形で、給食の変わりに子どもにお弁当を持たせるケースも増えてきています。

ただ現状では、会食恐怖を持っている人にそうした配慮はほぼなく、会食恐怖の人は不安や恐怖を感じながら給食を食べざるを得ません。

「不安や恐怖を感じているのなら給食を食べなければいいのではないか」という声も出てくると思いますが、会食恐怖に陥りやすい人の性格や気質を考えると、給食を残すことに罪悪感を持っていたり申し訳なさを感じていたりしますので、むしろ給食を食べないというのは逆効果で、ますます会食恐怖を助長することになってしまいます。

アレルギーといった体質的に食べられないのではなく、体質的に見ても特に問題がないのにもかかわらず、不安や恐怖という感情によって食べることができないので、不安や恐怖を取り除いてあげる工夫が大切なのです。

どういったことで不安や恐怖を感じているかは、同じ会食恐怖を抱えている人の中でも様々で、またタイプも異なっていますので各々に適した対応が求められます。

食育を過剰に意識するあまり、行き過ぎた完食指導によって逆に食べることに苦手意識を与えてしまっては元も子もありません。やはり食育を意識しつつも、一人ひとりが安心して食べられる分量で配膳したり、あるいは前提として同じ空間で給食を共にする人たちと一緒に、一人ひとり食べられる分量というのが違うことを教えたりすることが大切だと思います。

もちろん学校給食における食育だけではなく、家庭の中でも、家族と一緒に食事をすることで一人ひとり食べる分量が違うことを実感することができます。

一人ひとりが違うから、強制したり強要したりすることは違うという認識を持って食育することが求められます。

完食できた嬉しさよりも食べる楽しさを

近年の食品ロスの問題を考えると、個人的には、やはり給食はできる限り残さず食べるというのが大切だと思います。

某Youtuberが撮影したレストランで明らかに食べきれない分量の食事を大量に残した動画が非難され炎上しましたが、その背景には一人ひとりの意識として「食事を残してはいけない」という教育を受けてきたからだと思います。

特に日本では、もう当たり前のようにお金を払えば食事にありつける環境にあるため、もし適切な食育を受けずに育ってきてしまうと、こうした非常識とも言える行動に繋がってしまう恐れがあり、「食事を残さず食べること」というのはひとつの教えとしては大切なのです。

しかし完食することに意識が行き過ぎると、完食することが義務となり、義務を遂行できた嬉しさだけで食べる楽しさが欠落してしまう可能性が生まれてきてしまいます。

また、完食することに意識が傾きすぎることで「全部食べなければいけない」、「食事を残すことはダメなこと」など、べき思考や完璧思考に囚われてしまいますので、結果的に会食恐怖を招いてしまいます。

だからこそ、できる限り完食できた嬉しさよりも食べる楽しさを感じるような食育が求められるのです。

全てを学校任せにしない食育

学校側が給食を通じて「食」に対する様々な経験や知識を身につける役割を担っていますが、それでも家庭での食育というのは欠かせません。

教師の過剰勤務が問題視されているなか、食育の役割全てを学校に丸投げするのは、親の責務を果たしているとは言いにくく、また子どもにとってもいいものではありません。

共働きの家庭が増え、核家族化が進み、子どもが一人で食事を取る機会というのは一昔前よりも増えてきて、だんだんと家庭での食育が難しくなっている面もあるとは思いますが、それでも子どもの生活を最も近いところで観察し、性格や気質も理解しているのは親なので、どのような方法で食育を教えればいいのか分かると思います。

ただ何でもかんでも食育をすればいいというのは少し危険で、食事のマナーや食べ物の好き嫌いを厳しくしつけると、食事そのものに恐怖意識が芽生えてしまい、その後のきっかけ次第で会食恐怖を招いてしまうので注意が必要です。

たとえ家族であっても「どうして食べたくないのか」、「どうしてマナーが大切なのか」など、親と子の対話を大切にして食育を心掛けてほしいと思います。

また、食事を残した後の対応について親が子どもに伝えておく必要があると思います。日ごろは完食しても体調不良や何かしらの理由で食べ物を残してしまうこともあるでしょう。その時に、一抹の申し訳なさ、罪悪感を抱いてしまうと、「次は残さないように」と強く思ってしまいますので、結果的に会食恐怖へと繋がっていく可能性があります。

子どもが食事を残すことに対して申し訳なさを感じているのであれば、それはある意味、食育が行き届いている証拠だと思います。しかし行き過ぎた考え方になってしまうと問題になってしまいますので、バランスが重要です。

同じ会食恐怖を抱えている人でも、会食恐怖に陥ってしまった要因は様々なので一概には言えませんが、会食恐怖を抱いている人の根底には、食事を残してしまうことへの申し訳なさや罪悪感が存在しつつも、周囲からは、そのことを理解してもらえない辛さに葛藤を感じています。

そのため、周囲の見誤った食育で、当事者はますます食事の機会に不安を感じ、ひいては日常生活にまで支障をきたしてしまっている状態が現実にあるのです。

特に、給食は指導方法を間違えてしまうと誤った食育になってしまいます。

もちろん、カルシウムやビタミン不足を補ったり、栄養の偏りを防ぐためにも給食の存在は欠かせません。そして残さず食べることも大切でしょう。

ただ、食物アレルギーの子どもがいるように、子どもの中には給食に対して不安を抱いている子どもがいることも知る必要があります。

各都道府県の教育委員会の判断にもよりますが、小学校や中学校の義務教育課程では、食に関する指導と学校給食の管理を職務とする栄養教諭がいます。そういった食の専門知識を有する方と、担任の先生、そして親が連携し合って、未然に会食恐怖を防ぐ手立てや、会食恐怖を感じ不登校になってしまった子どもの対応を図ってほしい思います。

今回、食育のポイントとして挙げた3つのことは当事者目線で考えたものです。当事者の気持ちを周囲にいる多くの人たちが感じていただけたら嬉しく思います。

スポンサードリンク

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

profile

管理人:ミヤシタソウジ

プロフィールについて

当サイトについて

Twitter:@soji_miyashita

当サイトに関すること、その他個別の問い合わせがありましたらメールにてお願いします。

Gmail:soji.miyashita★gmail.com
(迷惑メール防止のため、送る際は★を@に変えてください)

スポンサードリンク

PAGE TOP